画像合成」タグアーカイブ

化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)

商品撮影の仕方
先日は窓枠を使ったイメージ撮影の作例をご紹介いたしました。
窓の外は草木を置いてその後ろにレンガの壁紙をぼかして入れました。
今回は窓の外に画像処理で風景を入れてみました。
違和感が出ないように調整が必要です。
まずは白樺の森の中にある家の窓から見た風景です。

山荘の中にいるようでしょう。
画像はレンタルフォトから持ってきて、フォトショップでぼかしています。
山の次は海に挑戦です。

海でしたら窓枠は白色でしょうか。
こんな風に海が見える家に住んでみたいですね。
海や森に行かなくても近いイメージを工夫次第で撮影できます。
お客様にイメージがありましたらぜひご相談ください。
ご連絡お待ちしています。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品のイメージ撮影の仕方

今日は化粧品のイメージ撮影のやり方の解説をします。
撮影商品はヘチマコロンです。

この商品は大正時代から続くロングセラー商品、子供の頃使ったことがある方もいるのではないでしょうか。

さて、それではどのように撮影しましょうか?

以前にご紹介した化粧品の撮影方法(1)では正面から撮影して商品の形状や美しさを表現しました。
今回はイメージ撮影ですので、その商品がどのように使われるのかを考えみずみずしさや明るさが伝わるように背景や光線に気を使い小物等を配置して商品を引き立てます。
イメージ撮影に入る前には撮影のイメージの方向性を決めておきます。
今回は天気の良い日の朝、お風呂上がりにヘチマコロンを使うというイメージで撮影をすることにしました。

お風呂上がりですからシチュエーションは浴室または洗面台のタイルの上がいいでしょう。
タイルはホームセンターで買ってきて撮影用にスタジオに常備しているタイルを使用します。

まずは撮影台にタイルを並べます。

それではヘチマコロンを置いて撮影してみましょう。
上からと左からライトを入れてみます。


いかがでしょうか。ビンの色は良く出ていますがちょっと透明感が足りないような気がします。
業界用語で シズル感が足りないとでも言うのでしょうか。
ライティングを変えてみましょう。

いかがでしょうか。ビンの透明感 タイルの反射 後方より光を入れて撮影してみました。
シズル感出ましたか?
ちょっとした工夫で、商品の表情はかわります。

とってもきれいに撮影出来ましたが、これだけではちょっと寂しいのでもう少し工夫して
水回りのイメージの小物を置いてみましょう。

何にしましょうか?

タオルにしてみましょう。

事務所に置いてある物でしたので、折皺がついています。

スチームをかけます。
アイロンですとプレスすることになりタオルがつぶれてふんわり感がでなくなってしまいますのでスチームを掛けた方が良いでしょう。


いかがでしょうか。左側にグリーンを入れてみました。オーソドックスな撮影ですが雰囲気は出たのではないでしょうか。

そうそう、クリームのフタが曲がってました。色の調整と画像処理して完成です。

他にも化粧品の撮影方法の説明がございます。下記よりご覧ください。
化粧品の撮影方法カテゴリー

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)

商品撮影の仕方
前日は透明な歯ブラシを後ろから光を入れて撮影をしましたが、もし光を入れなかったらどのような写真になるかテストしました。
まずは昨日の正解の写真です。クリックしてください大きく見ることができます。

次に背景のライトを切って撮影してみましょう。乳白アクリル板にガラス板を5センチ高さでのせていますので光がないとグレー色の背景になります。

いかがですか。全体にスミっぽくなってしまいました。でも良い面もあります全体が暗くなったので背景からの光がじゃましないのでロゴがはっきり見えているのと歯ブラシのブラシ部分の色が分かれている所がよくわかります。切り抜いて見ましょう。

全体にグレー色です。でも持ち手の部分の凹凸の質感は出ています。くっきり出ているロゴと歯ブラシ部分を切り抜いて背後から光を入れたOKカットに画像処理で移植してもいいかもしれません。
ここでわかる事は全体の透明度を出そうとすると凹凸感が薄れていき暗くすると質感が出てきます。透過光撮影の場合 透明感と質感はトレードオフの関係になります。

次に白い背景に直接歯ブラシを置いて撮影してみましょう。

背景が白いのでそれほど違和感はありません。シャドウ部分があり柄の部分の凹凸感は出ています。それと右カメラ横からのライトがうまく反射してカド部分にハイライトを作っています。後ろから光を入れるとハイライトが相殺されて薄くなってしまいますが、光が入っていないのできれいに出ています。切り抜いてトーンカーブで調整します。

トーンカーブで無理やりグレー部分を明るくしました。柄の部分の質感は3つの撮影の中で一番出ています。
あらためて3カットならべてみてみましょう。

あらためて並べてみると透過光で撮影した物が一番良いようです。ただ持ち手部分だけ考えるのであれば透過光無しでも良いかもしれませんハイライトがパキッと入って気持ちいいです。ロゴの出方も透過光無しが一番ですね。
せっかくですから透過光ありと無しを合成していいとこ取りの画像を作成してみましょう。

ロゴと歯ブラシのブラシ部分は透過光無しの画像を合成しました。ハイライト部分も少し強調しています。
ブラシにつながるネック部分もシャドウを入れました。
ちょっとやりすぎましたか?でもやろうと思えば画像処理で相当の所までできます。
それとライトの入れ方で歯ブラシでも その商品の訴え方は千差万別です。
ちょっと細かい説明になりましたが私たちはここまでこだわって撮影する事ができます。
難しい表現力の必要な撮影は是非ご相談下さい。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

撮影商品のホコリ消去と画像合成処理

化粧品やオーディオ製品など どんなに注意して綺麗にしても撮影した後にホコリが見つかることがよくあります。
パソコンで拡大して見ますからなおさらです。
下記の写真をご覧ください。
少しわかりにくいですが赤丸印部分にホコリがあります。

私たちは撮影後納品するときには必ず拡大確認して もしある場合は必ず消去してから納品いたします。
もちろん料金はかかりません。
下の画像は全て消去した画像です。

画像処理ついでに以前私たちが撮影したカップヌードルのスケルトン写真のご説明をいたします。
下記の画像は小学校の教科書用にカップヌードルがどのように入っているか説明するための画像です。
カップを綺麗にカッターナイフで切って中が見えるように撮影します。
実はこれは全て別々に撮影してから 合成処理しています。

まず最初に切断したカップだけの撮影をします。全体に光が回るように撮影しました。
綺麗に切断するのはコツが必要です。

次は麺だけを撮影します。このときには麺だけを大量にスタジオに持ち込み形の良いものを選びました。
それでも気になるところがあると画像処理で対応です。
上にのっている具も沢山用意したものから形の良いものを選んでバランスよく乗せていきます。
微妙に後ろにエビが見えたり卵が隠れたり調整しました。

これをカップの中に画像処理で入れるわけですが 単純に入れるだけではやはり違和感が出てしまいます。
どちらの画像も光を綺麗に回して撮影していますので立体感がありません。
合成するとともに 影を微妙につけて立体感を出していきます。

カップからはみ出しているところを処理で中に入れます。

上の写真の丸のところが明るいままです。影になっていますから暗くないと違和感があります。

赤丸部分を暗くしました。これはカップの口に蓋をして影にして撮影したものを切り取って差し込みました。

明るいものを単純に選択して暗くするには無理があるので撮影したものを差し込みました。
あとは微妙なトーンの調整をして完成です。

スキービンディングの撮影の仕方

商品撮影の仕方
以前スキーの板の撮影の解説を致しました。今回はスキーのビンディングの撮影解説を致します。

まずは板を固定します。手前から後ろにかけて撮影しますのでスキーの前方におもりを置いて固定します。


それでは撮影に入りましょう。回りをアトレーで囲います。このような撮影の基本です。

背景から光を入れます。シルエットになりました。板の後方の質感が出ています。素人の方は逆光というと写真がきれいに撮れないとお思いかもしれませんが商品撮影では逆光こそ質感を出したりハイライトをたてたりするのに有効なライティングはありません。いろいろな撮影の紹介をこのコラムでもしてますがほとんどの撮影で逆光ライティングを使っています。

次に左背景近くから斜めに光を入れます。ビンディングに斜めに光が当たるようにします。

このライトはハイライトを作る目的でもありますが前方ビンディングのロゴに受けて見えにくくなっています。少しライトを動かして調整しましょう。

ロゴがはっきりしてきてそれにともない後ろのビンディングの黒い部分の質感が出てきました。次はシャドー部分を明るくします。
右からライトを入れます。少し上からです。

少し明るくなりました。後ろのビンディングの立っている部分のくぼみに若干のハイライトが入りました。まだ全体にシャドウが強いように思います。イメージ撮影でしたらこれでも良いかもしれませんがもう少し追い込みましょう。カメラの上からライトを入れます。順光の光です。

いかがでしょうか。とっても良くなりました。最後にトーンカーブと彩度を調整して完成です。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

スキーブーツの商品撮影の仕方(1)

商品撮影の仕方
今回はスキー靴の商品撮影です。

LANGEのスキー靴です。もともとアメリカのメーカーでしたが今ではフランスのロッシニョール(フランス)に買収されてグループ会社になっています。わりと競技思考の強い人が使うブーツで靴幅が狭く足に合わせるのが大変だけどそれだけ力がダイレクトにスキーに伝わるスキーブーツです。
それでは早速撮影しましょう。イメージは右足の右側面を斜めに見せ左足は右側面を真横から見せるアングルにします。
左右別々に撮影して後で合成します。
まずは右側から作業しましょう。
撮影をするために撮影台を作ります。この靴は結講重いので台もしっかり作らないとなりません。
ハレパネを靴の下部に合うよう切ります。



切ったハレパネの下に両面テープで長方形のアクリルキューブに貼付けて安定させます。
そのまま三脚の上に乗せます。

机の上に乗せて撮影をすると思いも寄らない映り込みがある場合があるので切り抜いての撮影はこのような撮影台で撮影します。

さあ!準備ができました撮影をしましょう。
いつものように、普通に光をまわして撮影してみましょう。
ライトの位置をあまり考えず左とトップから光を入れました。一見きれいに撮影出来ていますが私たちの基準では不合格です。
本来の靴の光沢が出ていません。黒いバックルももっと黒く締めたいです。
もっと丁寧に撮影しましょう。
その前にいままで撮影方法のブログで商品にあたっているライトの説明はしていましたが、「それではどの位置からどのようにライトをあてているかわからん」というメールをいただきましたので最初にライトを組んだスタジオ全体をお見せしてから説明して行きます。企業秘密大公開です。
いかがでしょうか。全部で今回は6灯のストロボを使っています。ジェネは3台です。右 左 背景に1台2灯ずつ 各ヘッドにはグリッドを付けてライトを細くしています。
光る物の表情を出すのはトレペに写るライトの端を使って表現します。ライトの真ん中はなるべく外し(ケースバイケースですが)グラデーションを生かして表現します。
各ヘッドにわかりやすいように A〜E まで記号を付けました。
それでは背景のライト E のみのライティングです。
後ろからのライト E で靴の淵にハイライトを入れます。2灯で靴を挟むようにです。
次はライト C のみのライティングです。
右斜め後ろからのライトです。このライトによりつま先のハイライトが出来ました。
次はライト D です。
靴の甲の部分を明るくします。正面上からのライトですから 強いハイライトはありません。光を受けてハイライトも出来ていませんが靴のインナーの入り口の黒い部分は良く表現出来ています
次はライト B です。
左斜め後ろ上からのライトです。甲左に若干のハイライトがはいりました。
次はライト A です。
このライトがメインライトです。右側面をきれいに表現出来ています。ハイライトも申し分ありません。
それではすべてのライトをつけてみましょう。
いかがでしょうか。ブーツのつやがとってもよく表現出来ています。バックルの黒い締まりも申し分ありません。
最後に黒く周囲を締めます。


いかがでしょうか。大きくなりますのでクリックしてご覧ください。
次は左足の撮影です。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

CDプレーヤー商品撮影(2)画像合成〜

先日撮影をしたCDプレーヤーの画像合成です。前回撮影の時にお伝え致しましたが今回は各面ごと(天面 前面 前面表示版 スロット ロゴなど)分けてライティングして撮影しました。なぜそうしたかと言いますといっぺんにライティングすると光が回ってしまい製品の無駄な映り込みを避けるのと 筐体がメタリック加工がしてありその質感を出すには部分撮影をした方が良く出てくるからです。
さあ、作業に入りましょう。

まずは背景をのみをライティングした画像を元画像とします。この画像に各ライティングをした画像を切り抜いて合成して行きます。

まずは天面の合成をしましょう。

天面合成

調整はすべて合成が終わってから、トーンカーブで調整します。

次は前面を合成します。

前面と下部の映り込みを一緒に切り抜きました。

次に表示パネル ロゴを合成します。

いかがですか。かなりそれらしくなってきました。完成ももうすぐです。CDスロットを合成しましょう。

ハイライトのあるCDスロットを合成しました。かなり良くなったのではないでしょうか。背景の左右中心にアクリル板と背景アトレーの間にラインが入っています。背景の一体感を出すために消去してなじませましょう。後は各部分の明るさコントラストの調整です。フォトショップ上でレイヤーに分かれていますので簡単です。

完成です。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

ウイスキーのビンの撮影の仕方

本日はビン物の撮影方法を簡単にレクチャーしましょう。
撮影するのはMHDのGLENKINCIEです。
透明のボトルで後ろの文字が透けてしまっています。
正面真ん中には箔押しのロゴ入り。
おまけに上のキャップについている12年の赤いシールが右に曲がって付いています。
手ごわいですねぇ。

透明のビンを後ろから光を入れないと上の写真のように透明感のない写真になってしまいます。
まずは後ろからトレペ越しに光を入れてみましょう。

ウイスキーの琥珀色は表現出来ましたが、背後の文字が見事に写ってしまっています。
丸いビンにウイスキーが入っていますので、レンズ効果で必要以上に大きく写ってしまっています。
これをすべてひとつずつ画像処理で消去することも出来なくはないですが、仕上がりが平面になってしまうのととても手間がかかってしまいます。

そこでビンの側面には何も書いていないのでビンをまわして撮影してみましょう。

文字がなくなりました!
真後ろの物は大きく写りますが横についてる文字は屈折して小さくなるのです。
中心付近にある縦に入っているビンの継ぎ目は消去します。
こちらの画像を元にラベル 正面のロゴ トップを合成していきます。

まずはラベルから。

ラベルだけ撮影した画像から切り抜いて持ってきます。ライトはラベルのみきれいに出るライティングで撮影してあります。

次は中心にあるウイスキーロゴです。
色はゴールド 琥珀色のウイスキーが透過光で表現されてその上にのる形になりますので 色味の調整が非常に難しいです。薄くゴールドを表現すると背景となじんでしまうし 濃くするとスミッぽくなってしまい全体のバランスを壊してしまいます。

次はトップの部分です。
ここには12年の赤いシールがついていました。
それが背面の文字を消すためにビンを横に向けてしまいましたから両サイドにまわり黒いシルエットを作ってしまっています。
これは画像処理で消すしかありません。
消去したら トップの部分だけのライトで撮影したものを移植します。

いかがでしょうか。
良い感じに出来ました。
あとは切り抜いて全体の細かな色調整すれば完成です。

完璧です。
ご質問などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
撮影のご依頼もどうぞお待ちしています。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

腕時計の撮影

腕時計の撮影をしました。EC用の撮影で1つの時計で約30カット撮影しました。
撮影した後は映り込みの画像処理をして納品です。
沢山の本数がありカット数も多く納期も決まっていましたのでに光が良く回るライティングで効率よく撮影をしました。
EC撮影の場合はそれにあった料金設定をしています。ご相談下さい。
モニターのコピー写真です。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

化粧品の撮影方法(4)

今回は蓋をはずしてリップの部分を出して撮影します。

だいたいの口紅がそうであるようにキャップをはずした部分がシルバーの光り物で見事にまわりを反射します。
やはりキャップのついた口紅の撮影と同じく周囲をかこって撮影します。

リップ以外の所はきれいに再現出来ています。
本体を表現するためのライティングですのでリップの部分に黒い影が入ってしまっています。それと正面を向いていませんので正面向きにしてライティングを変えて撮影をして画像合成します。
商品の真ん中にある黒い縦線はカメラの映り込みです。これをきらって画像処理で消すようにご指示される方もいらっしゃいますがメリハリとして残すお客様もいらっしゃいます。今回の場合は残した方が良いでしょう。
次はリップの部分の撮影です。ライトの位置を変えてみます。

リップが正面を向き色もきれいな紅が出ました。リップに傷があります。これくらいは簡単に修正しちゃいます。
切り抜いて本体に合成します。

傷の修正と色の調整です。

さあ切り抜いて出来上がりです。
素敵な口紅です。

最近ではカメラ屋さんで撮影セットが売られており、それで挑戦なさる方も多いようですが光らない物でしたらわりと良く撮れるようです。
しかし化粧品のように光る物はなかなか難しいようです。
挑戦して無理なようでしたら是非私たちにご連絡ください。
少し費用はかかりますが素早く確実に画像データーに仕上げます。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影