合成処理」タグアーカイブ

化粧品の撮影についてのまとめ記事です。

商品撮影の仕方

化粧品に関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。

化粧品のイメージ撮影の仕方

ヘチマコロンのイメージ撮影のやり方を解説しています。タイルの上に置いて朝の光のイメージで撮影しています。

 

 


化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)

口紅の撮影方法の解説です。ネットショップなど商品解説に必要な真正面からの撮影事例です。

 

 

 


化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)

化粧品のロゴにはよく箔押し(金色または銀色のロゴ)があります。正面から撮影するとカメラが写り黒くなってしまうことがあります。その修正の方法です。

 

 

 

 


化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)

ハウススタジオのようにセットを組んで撮影しました。

 

 


さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影

ハウススタジオでのイメージ撮影です。

 

 


化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品の様々なテクスチャーの撮影例です。色玉撮影からクリームのツノたてなど紹介しています。

ステンレス製 鍋の撮影(4)

商品撮影の仕方
前回に引き続き ステンレス製 鍋の撮影です。
鍋の撮影(1)の撮影を終わってやはりもう少し側面の質感をピッカピカに光っているようにしたいと思い再撮影いたしました。
前回撮影した時にはグラデーションがつきすぎたせいか、少しマットぽく感じました。
どのように表現すればよいかいろいろシュミレーションしました。
前回と同じようにアトレーを下に通してグラデーションを付けましたが、右のライトを強くしました。
でもあまり改善されていません。
正面のシャドウがぼやけているのがメリハリのない原因かもしれません。
左右にアトレーを分けて撮影してみましょう。

正面シャドウの境目がくっきりしたら、側面が鏡面に見えてきました。ただ境目が歪んでいるのでこの歪みをなんとかしたいです。
実際の撮影でここを真っすぐにする事は難易度が高いので、画像処理する事にしましょう。
まずはシャドウの部分の大きさを考えて撮影します。

少し歪んでいますが画像処理するには問題ありません。右側の境目の歪みを修正しましょう。

ついでに幅の調整も行いました。境目が真っすぐはっきりしました。
次に左のシャドウの境目の調整です。ここは境目から明るくなっている所が少しグレーになり見た目のメリハリがないように感じます。
これを含めて修正しましょう。

いかがでしょうか。きれいに修正が出来ました。正面に黒い部分があるのはどうかと思ったのですが、黒い部分がある事により両サイドのハイライトがきわだってステンレスのシャープな反射が感じられます。以前にもお伝えいたしましたが、ある水準まで商品撮影の完成度があがると、後はそのカメラマン個々の表現方法により仕上がりは違ってきます。
「鍋の撮影(1)〜(3)」までの表現と今回のとではかなり違います。
最後に色調 コントラストを修正して出来上がりです。

かなり画像修正を加えましたが、ステンレスの鍋になりました。

ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

撮影商品のホコリ消去と画像合成処理

化粧品やオーディオ製品など どんなに注意して綺麗にしても撮影した後にホコリが見つかることがよくあります。
パソコンで拡大して見ますからなおさらです。
下記の写真をご覧ください。
少しわかりにくいですが赤丸印部分にホコリがあります。

私たちは撮影後納品するときには必ず拡大確認して もしある場合は必ず消去してから納品いたします。
もちろん料金はかかりません。
下の画像は全て消去した画像です。

画像処理ついでに以前私たちが撮影したカップヌードルのスケルトン写真のご説明をいたします。
下記の画像は小学校の教科書用にカップヌードルがどのように入っているか説明するための画像です。
カップを綺麗にカッターナイフで切って中が見えるように撮影します。
実はこれは全て別々に撮影してから 合成処理しています。

まず最初に切断したカップだけの撮影をします。全体に光が回るように撮影しました。
綺麗に切断するのはコツが必要です。

次は麺だけを撮影します。このときには麺だけを大量にスタジオに持ち込み形の良いものを選びました。
それでも気になるところがあると画像処理で対応です。
上にのっている具も沢山用意したものから形の良いものを選んでバランスよく乗せていきます。
微妙に後ろにエビが見えたり卵が隠れたり調整しました。

これをカップの中に画像処理で入れるわけですが 単純に入れるだけではやはり違和感が出てしまいます。
どちらの画像も光を綺麗に回して撮影していますので立体感がありません。
合成するとともに 影を微妙につけて立体感を出していきます。

カップからはみ出しているところを処理で中に入れます。

上の写真の丸のところが明るいままです。影になっていますから暗くないと違和感があります。

赤丸部分を暗くしました。これはカップの口に蓋をして影にして撮影したものを切り取って差し込みました。

明るいものを単純に選択して暗くするには無理があるので撮影したものを差し込みました。
あとは微妙なトーンの調整をして完成です。

スキーブーツの商品撮影と合成処理

前回はブーツ右足を斜めから撮影しました。今日は左足を真横から撮影をして前回撮影した物と合成します。
前回同様わかりやすいようにひとつずつライトを作って行きましょう。

ライトの向きが後ろに向けていたり横を向いている物もあります。それは光をバウンスさせて柔らかくしたり拡散させたりするのが目的です。
まずは左横からライトをあてます。横より少しブーツより後ろからです。Bのライトです。Aライトは壁に反射させて全体を明るくしています。ジェネはA B 同じところからとっています。
斜め後ろからですとライトを反射してハイライトが入ります。
次はすねから甲にかけてハイライトを入れます。
カメラ横 上からのライトになります。つま先にももう少しハイライトを入れたいので右斜め下からCライトをいれました。

次はEのライトは壁にバウンスさせて柔らかい光をあてて靴のすねと甲のトップとつま先を明るくしました。

それでは全部のライトを点けてバランスを見てみましょう。
いかがでしょうか。真横から撮影するとちょっと立体感が出にくいですがハイライトを強調してみると良い結果になるのではないでしょうか。
まわりを黒で締めます。
切り抜いてみましょう。

とっても良いです。これを前回撮影した右の靴と合成しましょう。
合成致しました。影をつけてそれらしくしました。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

CDプレーヤー商品撮影(2)画像合成〜

先日撮影をしたCDプレーヤーの画像合成です。前回撮影の時にお伝え致しましたが今回は各面ごと(天面 前面 前面表示版 スロット ロゴなど)分けてライティングして撮影しました。なぜそうしたかと言いますといっぺんにライティングすると光が回ってしまい製品の無駄な映り込みを避けるのと 筐体がメタリック加工がしてありその質感を出すには部分撮影をした方が良く出てくるからです。
さあ、作業に入りましょう。

まずは背景をのみをライティングした画像を元画像とします。この画像に各ライティングをした画像を切り抜いて合成して行きます。

まずは天面の合成をしましょう。

天面合成

調整はすべて合成が終わってから、トーンカーブで調整します。

次は前面を合成します。

前面と下部の映り込みを一緒に切り抜きました。

次に表示パネル ロゴを合成します。

いかがですか。かなりそれらしくなってきました。完成ももうすぐです。CDスロットを合成しましょう。

ハイライトのあるCDスロットを合成しました。かなり良くなったのではないでしょうか。背景の左右中心にアクリル板と背景アトレーの間にラインが入っています。背景の一体感を出すために消去してなじませましょう。後は各部分の明るさコントラストの調整です。フォトショップ上でレイヤーに分かれていますので簡単です。

完成です。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)

BOSEの音楽プレーヤーです。
この製品は3年前に新製品で発売する前に広告の商品撮影をしました。
遅ればせながら最近買いましたので作品撮りをしてどのように撮影をするかご紹介致します。

こちらの商品です。
撮影のやり方は部分部分をライティングを変えて撮影をしてその後画像合成をして完成させます。
なぜそうするかと言いますといっぺんにライティングすると光が回ってしまい製品の無駄な映り込んでしまうのを避けるのと 
筐体がメタリック加工がしてありその質感を出すには部分撮影をした方が良く出てくるからです。

背景は透過光を使います。アトレー(トレッシングペーパーのビニール素材のもの以後アトレーと呼びます)を使い背後からライトを入れます。
右から左に掛けてグラデーションを入れます。床面はアクリル板を使い製品が反射するようにしました。

背景を入れた画像です。商品はライティングしていません。

背景はこちらの画像を使いましょう。右からハイライトを入れて左に向かいシャドーでグラデーションを作りました。

次は天面のライティングです。
天面は微妙なアールと手前と左右に1cmほどの段差があります。この微妙な曲面と段差を表現しなくてはいけません。
それとプラチナムシルバーの筐体はメタリックになっておりその質感も出したいです。
背景にスポットにしたライトを入れました。背景をライティングした時とは違う位置と距離です。

逆から光を入れる事により盤面の質感が浮き上がりました。ただ位置が良くないので右端が白くなりすぎています。段差も今ひとつです。

ライトの位置を調節しましょう。

白飛びは押さえられましたが、段差にメリハリがありません。もう少し調整します。

いかがでしょうか。白飛びもなく段差も表現出来ています。天面はこちらを使いましょう。ライトの位置を動かすだけでかなり表情が変わります。質感を出すのには逆光は重要な作用をします。細かいメリハリは合成した時に調整します。拡大して見てみましょう。

メタリックの感じが良く出ています。

次は前面の撮影です。この商品は左右のスピーカーの真ん中にCDを入れるスロットがありその上に画面表示がありプラスティックの透明なカバーがかかっています。
このカバー部分は別にライティングをして撮影します。


ライトの位置を変えて2カット撮影しました。
上の画像は右全体から左にかけてグラデーションを入れています。
下のカットは前面の右にスポット的にライトを入れました。少し印象的なライティングです。
どちらを使うか迷う所ですが今回は下のカットを使う事にします。
次は真ん中の反射をする画面表示です。
反射と曲面を表現するためにライトを入れたいのですがこのままでは撮影台のアクリル板がありライトが入りません。
しかもアクリルが反射していて手前のフチがななめにうつっています。
台を移動します。このとき製品をなるべく同じ位置に戻すようにしないと合成の時にうまくいかなくなります。

反射を入れましたがこれではだめです。きれいなグラデーションになるようにしましょう。アトレーの位置が良くありません。

少し良くなりましたが、これでも不満足です。ハイライトとシャドウの境目がはっきり見えています。

良くなりました!でもハイライトが入り過ぎです。文字を載せたとき違和感が出てしまいます。少し薄くしましょう。

完璧です。後は合成の時にトーンカーブで微調整しましょう。次は文字の撮影です。これは長時間の露光で撮影出来ます。

問題ないでしょう。CDスロットをもう少し目立つようにハイライトを入れましょう。

最後にロゴのみのライティングで撮影です。商品の顔です。光るように撮影しました。

さあ、素材はすべてそろいました。次は画像合成 修正 調整です。

実際このような撮影は撮影の時間より合成の方が手間がかかるケースが多いです。

それでは合成作業は次回のコラムでご紹介致します。

使用カメラ Hasselblad503CW Makro-Planar120/4 PHASE ONE P25

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )

今回はボトルの真ん中に箔押しの(金色)ロゴが真ん中にあるクリームのボトルの撮影をしてみましょう。
蓋には凹凸の模様が入っていて、こちらもライトの調整ではっきり出るようにしなくてはなりません。


さっそくライティングをしてみましょう。
まず後ろからは透過光で光をあてます。背景がとばない程度で良いと思います。
それから左からメインライトをあてます。トレッシングペーパー越しにライトをあてて前後左右に動かして蓋の部分の凹凸とハイライトのバランスを見て行きます。ロゴの真ん中は完全にカメラが写ってしまい金色が黒くつぶれてしまっています。このようなデザインのケースでは必ず真ん中にカメラが写ります。

ライトの位置を左へずらしました。ハイライトの入り方が優しくなりました。蓋の模様もはっきり出てきました。


ぐっとライトを左に回しました明るくなり文字の r から e にかけてきれいにグラデーションがかかりました。でもちょっと明るくなり過ぎのようです。


少し出力を落としました。蓋の模様 左からのハイライトのグラデーション よいのではないでしょうか。少し暗くスミっぽく感じますが右からもライトを入れますから大丈夫です。
次は右側のライティングです。


右からトレペ越しにライトを入れました。少し弱めに商品の横より少し後ろの位置からです。明るくはなりましたがハイライトがありません。もう少しライトを動かして調整しましょう。


ハイライトが入りました。う〜ん少し強すぎたようです。このハイライトの入れ方に決まりはありません。カメラマン クライアント デザイナーの好みだと思います。バランスを見ながら組み立てて。商品と自分の感性にあうライティングを致しましょう。


少しストロボの出力を押さえました。左のハイライトを邪魔しないバランスにしました。蓋の部分もよく質感が出ています。
良いです。

切り抜いて色調整致しました。
次はカメラが写って黒くなってしまっているロゴの処理です。
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 2 )

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影