化粧品撮影」タグアーカイブ

アマゾン用商品撮影

通販サイトのアマゾンに載せるための撮影はよくご依頼いただいております。
ある事務機器メーカー様はシュレッダーやラミネート機などの撮影で14時から16時まで2時間撮影で20カットほど撮影いたします。
撮影を立ち会っていただいてテンポよく撮影すれば費用対効果抜群です。
撮影料金は¥39,500税別 アマゾン用に背景を白くして納品いたします。(パスつけのみでも対応いたします)
その場合は切り抜き料金として1点¥500税別です。(複雑なものは別途お見積もりです。)
もちろん延長しても大丈夫です。その場合は20分¥5,000税別です。
時間制だとゆっくりカメラマンが撮影をしてギャラを高くするなんてことをネットで
どこかの方が言ってましたがそんなことをしたらリピーターになってもらえません。
次につながるからこそ利益になるわけで、安心してお任せください。




立ち会っていただいて売れる写真を効率よく撮影します。

商品立会いスタジオ撮影の詳細はこちら

化粧品テクスチャー撮影 素材撮影

商品撮影の仕方
化粧品のパッケージの撮影をすると同時にその化粧品の色とツヤ感 質感テクスチャーを表現できないかとのご依頼をよくいただきます。
液体の硬さにより表現方法は変わりますがいくつかご紹介いたします。
下記の画像はリッププランパーです。

丸くなるようにプランパーをアクリルの上に流します。
綺麗に丸くなるようにするにはちょっとコツが必要です。
方法は企業秘密です。(笑)
最後に画像処理をして仕上げています。

次はプランパーを指でこすって表情をつけてみましょう。
化粧品の色見本でよく見るパターンですね。

これは何回も綺麗に出来るようにアクリルに擦り付けています。それでもはみ出てしまうところ 気泡が入ってしまうところは画像処理をしています。

白いクリームや透明な素材のもの 泡はいかがでしょうか。

白いものを白い背景の上に表現するのは少し工夫が必要です。背景と同化しないよう影をつけて浮き上がるようにします。
それとあまり真っ白に撮影すると分離しないのでスミっぽくならない程度にグレーを残します。

クリームの蓋を開けて、クリームがツノが立ったテクスチャー写真です。
テレビのコマーシャルでもよく見ますよね でもクリームの硬さによってうまくツノが立つものとそうでないものがあります。
簡単に出来る商品は本当にすぐに出来るのですけど、ダメなものは全然ダメってこともあります。

次はアイシャドウです。ケースの蓋を開けるととっても綺麗に盛り上がっていましたのでそのまま撮影しました。
反射やツヤ感 色味がよく出るようにライティングします。

ファンデーションです。
こちらは粉ですのでデコラ板の上に粉をふり落として上から平らなもので抑えました。

質感を出すのにも色々なやり方があります。ご質問 撮影をしてほしいなどがございましたら是非ご相談ください。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)

商品撮影の仕方
化粧品のイメージ撮影でキーワードになるのは 明るさや清潔感 自然 安全 空気 みずみずしい などではないでしょうか。
それらを表現するには生活空気感の中に商品を置いて表現するのも一つの方法です。
下記の写真をご覧ください。
これは私たちのスタジオで撮影しました。
ハウススタジオではありません。セットを組んでの撮影です。
工夫をしてスタジオにある小物を使い撮影いたしました。

窓の外は空間になっていますから変更することが可能です。
壁を変えてみましょう。壁紙で作ってありますので簡単に変更可能です。

変化をつけることができました。
最初の赤い煉瓦壁よりもこちらの白い壁の方がうるさくなくて良さそうです。
窓枠は白いですが木目の窓枠もあり下記の写真は窓枠を変えたものです。

こちらの小物類は化粧品スタジオ撮影プラン(時間制料金)でしたら無料で貸出可能です。
最後にどのように撮影しているか種明かしです。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影

商品撮影の仕方
私たちのスタジオにはイメージ撮影用の背景やさまざまな小物類を揃えています。(スタジオ撮影プランご利用の場合は無料で貸出しいたします)
下記のリンクをご覧ください。商品や化粧品のイメージ撮影にご利用ください。

撮影用背景 デコラなど

撮影用小物 造花 植物 花など

撮影の備品 イメージ撮影用小物(1)

撮影の備品 イメージ撮影用小物(2)

撮影用の備品 椅子など

撮影用の備品 机 など

下記画像は小物を使ったイメージ画像です。ハウススタジオで撮影したものも含まれております。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品の撮影についてのまとめ記事です。

商品撮影の仕方

化粧品に関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。

化粧品のイメージ撮影の仕方

ヘチマコロンのイメージ撮影のやり方を解説しています。タイルの上に置いて朝の光のイメージで撮影しています。

 

 


化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)

口紅の撮影方法の解説です。ネットショップなど商品解説に必要な真正面からの撮影事例です。

 

 

 


化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)

化粧品のロゴにはよく箔押し(金色または銀色のロゴ)があります。正面から撮影するとカメラが写り黒くなってしまうことがあります。その修正の方法です。

 

 

 

 


化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)

ハウススタジオのようにセットを組んで撮影しました。

 

 


さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影

ハウススタジオでのイメージ撮影です。

 

 


化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品の様々なテクスチャーの撮影例です。色玉撮影からクリームのツノたてなど紹介しています。

製品 商品撮影のまとめ記事です。

商品撮影の仕方
製品 商品撮影に関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。

CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成

ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方

白いトースターの商品撮影

スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方

スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理

自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方

ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)

商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影

紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い

商品撮影の仕方(自転車用ライト)

商品の質感を出すという事

透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)

大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

撮影の備品 「机」

撮影用の備品 「机」 (スタジオ撮影プランご利用の場合は無料で貸出しいたします)

テーブルA


テーブルB

テーブルC

テーブルD

化粧品ビフォーアフターのモデルさんの手配から撮影

私たちによくあるご依頼の中の一つに販売する化粧品を使用したモデルさんを使用したビフォーアフターの撮影があります。
化粧品は女性が直接肌に使用するものです。
ネット通販などで化粧品を販売するときに モデルさんを使用するのとそうでないものとでは売れ行きが全然違うそうです。
今回はスチールと使用シーンもムービーも撮影いたしました。
下記にあるのはその事例です。(スチールのみ)

これはオールインワンファンデーションの広告で左が使用前 右が使用後になります。
afterはヘアメイクがメイクしました。

ナチュラルメイクです。画像加工はしていません。

モデルさんは本職の方ではなく一般の方から探してきました。
弊社の手配です。



モデル撮影の料金表はこちら

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品のイメージ撮影の仕方

今日は化粧品のイメージ撮影のやり方の解説をします。
撮影商品はヘチマコロンです。

この商品は大正時代から続くロングセラー商品、子供の頃使ったことがある方もいるのではないでしょうか。

さて、それではどのように撮影しましょうか?

以前にご紹介した化粧品の撮影方法(1)では正面から撮影して商品の形状や美しさを表現しました。
今回はイメージ撮影ですので、その商品がどのように使われるのかを考えみずみずしさや明るさが伝わるように背景や光線に気を使い小物等を配置して商品を引き立てます。
イメージ撮影に入る前には撮影のイメージの方向性を決めておきます。
今回は天気の良い日の朝、お風呂上がりにヘチマコロンを使うというイメージで撮影をすることにしました。

お風呂上がりですからシチュエーションは浴室または洗面台のタイルの上がいいでしょう。
タイルはホームセンターで買ってきて撮影用にスタジオに常備しているタイルを使用します。

まずは撮影台にタイルを並べます。

それではヘチマコロンを置いて撮影してみましょう。
上からと左からライトを入れてみます。


いかがでしょうか。ビンの色は良く出ていますがちょっと透明感が足りないような気がします。
業界用語で シズル感が足りないとでも言うのでしょうか。
ライティングを変えてみましょう。

いかがでしょうか。ビンの透明感 タイルの反射 後方より光を入れて撮影してみました。
シズル感出ましたか?
ちょっとした工夫で、商品の表情はかわります。

とってもきれいに撮影出来ましたが、これだけではちょっと寂しいのでもう少し工夫して
水回りのイメージの小物を置いてみましょう。

何にしましょうか?

タオルにしてみましょう。

事務所に置いてある物でしたので、折皺がついています。

スチームをかけます。
アイロンですとプレスすることになりタオルがつぶれてふんわり感がでなくなってしまいますのでスチームを掛けた方が良いでしょう。


いかがでしょうか。左側にグリーンを入れてみました。オーソドックスな撮影ですが雰囲気は出たのではないでしょうか。

そうそう、クリームのフタが曲がってました。色の調整と画像処理して完成です。

他にも化粧品の撮影方法の説明がございます。下記よりご覧ください。
化粧品の撮影方法カテゴリー

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)

商品撮影の仕方
久しぶりのブログ更新です。ちょっと忙しくてなかなか書けませんでした。
今日は歯ブラシの撮影をしたいと思います。
透明ではない歯ブラシならカメラ屋さんで売っている簡易撮影スタジオ機でもある程度なら撮影出来ます。
それでは面白くないので透明な歯ブラシの撮影をしてみましょう。
いくつか買ってきた中から選びます。

このなかから右から2番目を撮影しましょう。選んだ理由は全体が透明で持ち手の所がくぼんでいて表現する面白さがあるからです。
透明な物の撮影は反対側から光を入れて透過光で撮影します。
撮影台はこんな感じです。

サイコロを2つ用意してその間に乳白のアクリル板を渡します。その上には5センチほど浮かせてガラスの板を置きサイコロの間からストロボを入れます。商品はガラスの上です。
ライトを入れてみましょう。


下からのライトだけで撮影しました。透明感は出ていますが全体にスミっぽいです。箔押しのカタカナロゴも黒くつぶれています。
上からライトをいれましょう。まずは左からアトレー越しにライトを入れます。よけいな光を切るため回りを黒ケント紙で覆います。

箔押しのロゴが明るくなりました。白いブラシ部分の質感も若干出てきました。次はカメラ横からアトレー越しにライトを入れましょう。順光の光です。

ライトの位置が少し悪いようです。ロゴが見えづらくなっています。箔押しのロゴの場合ライトを反射させるのがきれいに出すコツですが。完全に反射させると光を受けてしまい質感が出ません。位置を調整してもっともきれいに見える位置を探します。その場合他の部分に反射してしまう可能性も考えながら調整しましょう。

良い感じです。歯ブラシの部分もきれいに出ています。切り抜いて色調整しましょう。

いかがでしょうか。とってもきれいに表現出来ました。
使用したカメラは 5000万画素のカメラでレンズもあおり機能が付いたレンズを使用しました。
もっとも画素数に関しましては、インターネットに載せるのにはこれほど大きな画像は必要ありませんが、2000×1333の大きさで見る事ができますのでクリックしてみて下さい。
使用カメラ キヤノン5Ds レンズ TSーE135mm

透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影