光り物撮影」タグアーカイブ

ヘルメットの写真撮影のやり方

スポーツ自転車用のヘルメットです。
日本製のKABUTOというメーカーのizanagiという名のヘルメットです。

今回は周りから1灯少しずつ動かしながら撮影して商品の見え方を見てみましょう。
まずは左横からライトを入れます。

少し上に動かします。

ロゴに反射しました。
かなり造形的なヘルメットで曲線ではなくて角を使い構成しているので、明暗の差で面を表現できます。
1灯だけで見てみると製品の形が非常によくわかります。



徐々に後ろに動かしました。
今の一連の動きでどの面をどこから光をあてると面を出すことができるか把握しました。
実際に多灯ライティングでライティングしてみましょう。
写真二つ前のライト位置と手前からの2灯から作っていきます。

次は右から3灯目を入れます。

ヘルメットのヘッド部分のシルバーが明るくなりました。
次は右斜め後ろからライトを入れてみましょう。

天頂部分の空気穴の周辺の造形が浮き出ました。
ここまでで5個のライトを使いました。
次は後ろの文字部分の表現です。

少しまっすぐ当てすぎたようで文字が反射して見えずらくなってしまいました。
少し軸をずらして それとは別にkabutoのブランド名の上の黒くつ潰れている部分にもライトを当ててみましょう。

後部のAIRの文字も見えるようになり kabutoのロゴの上もハイライトが入ってメリハリがつきました。
切り抜いて色調整とコントラストの調整をして完成です。

いかがでしょうか。結局 7灯のライトを様々なところからあてて面の表現をしました。
そうすることによって部分部分の反射や明るさのコントロールを容易にします。
真横と正面も撮影しました。


使用機材はPHASEONE IQ380 Makro-Planar T* 4/120
撮影していて気がついたのですがよく見ると反射の加減によってコートしてある下に文様(麻の葉のデザインらしいです)がうっすら見えました。
次回はこれを見えるように撮影します。

ロードバイクの アップ撮影(クイックレリーズの撮影)

今日は自転車の部品の撮影の紹介をします。
ロードバイクのフレームにホイールを止める商品で クイックレリーズと呼ばれる金具です。

単体だとこんな感じ。
これだけだとどういう風に使われているかわかりませんよね。
使うときにはこんな感じ。

ただの留め金なんですけど微妙にカーブがついていて止めるときに手に馴染んで止めやすいのです。
これ日本のシマノ製でデュラエースっていうブランドの商品で
他の外国のメーカーのを今まで使ってきましたけど格段につかい心地といいデザインといい一歩先行ってますね。

それでは撮影です。

まずいつものようにどのように撮影商品を固定するのか考えます。
普通に自転車を立ててしまうと商品の地上からの高さが低くて撮影しにくく ライトを入れる位置が制限されてしまいます。
高い位置になるように自転車を固定します。

自転車自体が非常に軽いためポールを立ててアームでハンドルを挟んで固定しました。
後輪は滑らないようにウエイトで固定しています。
背景のアトレーが少し小さいようです 大きいものに交換します。

左にもアトレーで囲います。

準備はできました。
撮影しましょう。

大体光を当ててフロントフォークの赤と クイックのシルバー 白い文字があるハブをバランスよく配置してブランド名がスポークで隠れないようにします。
ここからライトで調整して クイックのシルバー感と刻印されているブランド名がわかるようにします。




ここまでいかがでしょうか
少しずつライトを増やしたり動かしたりして調整しました。
反射の移り変わりがわかると思います。
ハイライトは左斜め下部から側面 それと上部右からとトップに光を入れています。
それぞれ一灯ずつライトで表現しています。

よく見るとクイックの遠近感が乏しいようです。
絞りを開けて焦点を浅くして立体感を出しましょう。

よくなりました 後方にあるハブの文字もボケて邪魔にならなくなりました。
色調整とフロントフォークの傷を消して完成です。

この画像はフェーズワンIQ380という 8000万画素のカメラで撮影しています。
ウエッブサイトですとその高解像度がわかりずらいので200%にしたものをアップしました。
大きな画像 光るものなどのご要望がありましたらぜひご相談ください。

十四代今右衛門様の有田焼の撮影

7年ほど前から今右衛門東京店様の催事告知用のDMの撮影を承っております。
江戸時代から受け継がれている有田焼のしっとりとした中で色彩豊かな磁器の撮影はあまり強引な強いライトではなく バウンスされた柔らかい光で表現します。
言ってみればお天気の良いお昼頃に北向きの窓から入る障子越しのフワッとした光でしょうか。
ただし柔らかい光ですと色彩が抑えられてしまいます。
そこは微妙なトーンコントロールで派手すぎないように色調整しています。
2020年11月7日から15日まで 「お酒を楽しむうつわ展」を東京南青山のお店で開催しております。

これまで撮影いたしました作品です。





アマゾン用商品撮影

通販サイトのアマゾンに載せるための撮影はよくご依頼いただいております。
ある事務機器メーカー様はシュレッダーやラミネート機などの撮影で14時から16時まで2時間撮影で20カットほど撮影いたします。
撮影を立ち会っていただいてテンポよく撮影すれば費用対効果抜群です。
撮影料金は¥39,500税別 アマゾン用に背景を白くして納品いたします。(パスつけのみでも対応いたします)
その場合は切り抜き料金として1点¥500税別です。(複雑なものは別途お見積もりです。)
もちろん延長しても大丈夫です。その場合は20分¥5,000税別です。
時間制だとゆっくりカメラマンが撮影をしてギャラを高くするなんてことをネットで
どこかの方が言ってましたがそんなことをしたらリピーターになってもらえません。
次につながるからこそ利益になるわけで、安心してお任せください。




立ち会っていただいて売れる写真を効率よく撮影します。

商品立会いスタジオ撮影の詳細はこちら

包丁の撮影の仕方(3)商品撮影 反射するものの撮影

商品撮影の仕方
2/19のコラムでご紹介いたしました包丁の写真はドイツのフランクフルトで2月7日から行われた展示会アンビエンテ2020で貝印様のブースの壁に飾られました。
貝印様の許可をいただき展示風景を掲載させていただきました。

包丁の撮影の仕方(1)商品撮影 反射するものの撮影
包丁の撮影の仕方(2)商品撮影 反射するものの撮影

包丁の撮影の仕方(2)商品撮影 反射するものの撮影

商品撮影の仕方
包丁の撮影作例です。
貝印様 旬shunシリーズでプロの料理人向けの包丁です。

包丁の撮影の仕方 商品の撮影 反射するものの撮影

商品撮影の仕方
包丁の撮影の仕方の解説です。
金属の反射があり非常に難しい撮影対象です。
今回撮影対象に選んだ包丁はダマスカス包丁と呼ばれる文様が入っている包丁です。
何層にも鋼を重ねて鋳造した包丁で錆びにくくよく切れる包丁です。
余談ですが先日両国の日本刀博物館で日本刀を見たときうっすらですが同じような文様が見られました。
これも何層にも鋼を重ねて鋳造しているので同じような文様が見られるのでしょう。

撮影するのはこちらの包丁 安田刃物の源虎徹 剣型の洋包丁です、

それでは撮影です。
正面の撮影です。
カメラは正面におきますが本当に正面におくとカメラが刃に写ってしまいますので写らないギリギリ下目から撮影しています。
長いレンズ(望遠系の商品撮影用のレンズ)で少し離れて撮影しているので包丁は正面に見えています。
それと斜めに対角線に写している理由は横長のものを切り抜き用で使う場合真横に置くより斜めに置いた方が少しでも解像度を大きく使えるためです。
このカメラは2200万画素のカメラでこのままですと60Mbtの大きさです。
しかし切り抜いてしまうと3分の1以下の大きさになってしまう。
対角線に置いて少しでも画素を多く使うというそういう理由です。

それでは最初にライトを1灯だけあててみてどのように変化するかみてみましょう。左からライトを動かしてみましょう。




ライトのあたり方で文様が変化することがわかります。
明るいところから暗くなる所にかけてが一番きれいにみられます。
これはライトの中心が明るく周りに行くに従って徐々に暗くなりますよね。
その明るさがグラデーションになっているところが包丁に反射して質感を出すのです。
ライトを少し上にあげてみましょう。

刃先に近い模様のない部分からライトが外れてシャドウになりました。
カッコ良く表現されていますが所詮ライトがひとつだけのライティングです。
ライトを組んでいきましょう。

最初に刃先を光らせましょう。
そうすることによって硬質感を際立たせます。
カメラから見る角度から刃が反射する位置に探します。

綺麗に入りました。
それと同時に峰にもライトがはいっています。文様が綺麗です。

次はハンドル(柄)の撮影です。
先ほどの刃へのライトは消します。
柄の上部にハイライトを入れましょう。

きれいにラインが入りましたがその光が刃に回ってしまいました。
ここでは気にしません最後に調整しましょう。
次は柄尻にハイライトを入れます。

良い感じです。
次は絵の下部 カーブのついている所の表現です。

きれいにグラデーションが出てカーブが表現できました。
それと同時に上部のハイライトを調整して柄の平らな部分まで光が回るよう調整しました。
木の質感が出ました。
それでは最初に刃にあてていたライトをつけてみましょう。

ライトを全部つけたために光が回ってしまい上部の文様が見えにくくなってしまっています。
白い紙を刃先の下に入れましたがこれは切り抜く時に刃のふちに不必要に黒く残らないようにするためです。
少しライトを動かし調整します。

余計見えなくなりました。
ライトの明るいところがあたってしまったようです。
ストロボの出力を下げてみましょう。

文様は見えてきましたがコントラストが弱いです。
ライトの位置を上に動かしましょう。

とってもよくなりました。
いろいろ動かしたら柄の部分のハイライトが見えていません。
調整します。

とってもよくなりました。
切り抜きをして完成です。

本来包丁はや金属質感のものはハイライトを強調してその中にシャドウを入れて質感を出します。
今回の包丁は 文様を出すためにシャドウが多めに入れてグラデーションを生かして撮影しました。
微妙な光の強弱で質感が変わり非常に難しい撮影対象です。

化粧品テクスチャー撮影 素材撮影

商品撮影の仕方
化粧品のパッケージの撮影をすると同時にその化粧品の色とツヤ感 質感テクスチャーを表現できないかとのご依頼をよくいただきます。
液体の硬さにより表現方法は変わりますがいくつかご紹介いたします。
下記の画像はリッププランパーです。

丸くなるようにプランパーをアクリルの上に流します。
綺麗に丸くなるようにするにはちょっとコツが必要です。
方法は企業秘密です。(笑)
最後に画像処理をして仕上げています。

次はプランパーを指でこすって表情をつけてみましょう。
化粧品の色見本でよく見るパターンですね。

これは何回も綺麗に出来るようにアクリルに擦り付けています。それでもはみ出てしまうところ 気泡が入ってしまうところは画像処理をしています。

白いクリームや透明な素材のもの 泡はいかがでしょうか。

白いものを白い背景の上に表現するのは少し工夫が必要です。背景と同化しないよう影をつけて浮き上がるようにします。
それとあまり真っ白に撮影すると分離しないのでスミっぽくならない程度にグレーを残します。

クリームの蓋を開けて、クリームがツノが立ったテクスチャー写真です。
テレビのコマーシャルでもよく見ますよね でもクリームの硬さによってうまくツノが立つものとそうでないものがあります。
簡単に出来る商品は本当にすぐに出来るのですけど、ダメなものは全然ダメってこともあります。

次はアイシャドウです。ケースの蓋を開けるととっても綺麗に盛り上がっていましたのでそのまま撮影しました。
反射やツヤ感 色味がよく出るようにライティングします。

ファンデーションです。
こちらは粉ですのでデコラ板の上に粉をふり落として上から平らなもので抑えました。

質感を出すのにも色々なやり方があります。ご質問 撮影をしてほしいなどがございましたら是非ご相談ください。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)

商品撮影の仕方
化粧品のイメージ撮影でキーワードになるのは 明るさや清潔感 自然 安全 空気 みずみずしい などではないでしょうか。
それらを表現するには生活空気感の中に商品を置いて表現するのも一つの方法です。
下記の写真をご覧ください。
これは私たちのスタジオで撮影しました。
ハウススタジオではありません。セットを組んでの撮影です。
工夫をしてスタジオにある小物を使い撮影いたしました。

窓の外は空間になっていますから変更することが可能です。
壁を変えてみましょう。壁紙で作ってありますので簡単に変更可能です。

変化をつけることができました。
最初の赤い煉瓦壁よりもこちらの白い壁の方がうるさくなくて良さそうです。
窓枠は白いですが木目の窓枠もあり下記の写真は窓枠を変えたものです。

こちらの小物類は化粧品スタジオ撮影プラン(時間制料金)でしたら無料で貸出可能です。
最後にどのように撮影しているか種明かしです。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影 商品の撮影 反射するものの撮影

商品撮影の仕方
大型の製品の撮影事例を紹介します。
大きい物の撮影になりますとスタジオに運び込むことが難しいため
お客様の指定場所まで撮影機材を持参して伺うことが多いです。

撮影機材の持参と言いましてもその機材の量は多く、乗用車型のワゴン車の後ろの座席を倒して
満載になるくらい機材を持ち込みます。

下記の製品は粉末や顆粒の中にあるゴミを見つける製品です。製薬会社や食品会社の製造工場などで
使われる製品です。

ご覧のように表面はステンレスでピッカピカ。鏡のように周りが写る製品で
誰もが撮影するとなると唖然とする製品です。

撮影は基本的に乳白の透過するトレッシングペーパーで囲って
写り込むのはこのトレペだけという状況を作ります。
下の画像はの製品は斜めにして撮影しています。
斜めだと反射する方向にトレペをたらせば良いのである意味楽な撮影と言えます。

それでは今度はこちらの製品を正面からの撮影ではいかがでしょうか。
実際に正面に製品を向けると私(カメラマンと三脚をつけたカメラ)がバッチリ映ります。
そのほかにも床も何もかもびっくりするぐらい映ります。

下の画像を見てください。

あれ、写っていません。
どうやったのでしょうか。

画像処理?

タネを明かすとカメラはなるべく製品から離すため90mmシフトレンズを使っていて
高さも製品より少し高くにしました。

床には大型の背景紙をひいていてカメラのそばまで引っ張り出し両端をアシスタントとデザイナーに持ってもらい
カメラの真下まで持ち上げてます。
すると床面が製品の足の部分からカメラの下まで斜めになり
白い紙が写り込むわけです。
ライティングはその床にライトをあてて面を出してあげます。

切り抜いた完成カットです。

ただしここでよく見ていただきたいのは、斜めにしてトレペを通して撮影した製品の面と
正面にして白い紙を反射させた製品の面では、ステンレスの質感の出方はあきらかに
斜めにしてトレペでライティングした方がステンレスらしさが出ています。

撮影をしていると今回の正面の撮影のようにどうしても難しくできないことが出てきます。
でも色々考えその場でできる最良の方法で撮影をすることが総合的にみて良い写真を撮る
カメラマンということなのではないでしょうか。

そのほかに撮影をした部分カットも掲載しました。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影