サングラス撮影」タグアーカイブ

製品 商品撮影のまとめ記事です。

商品撮影の仕方
製品 商品撮影に関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。

CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成

ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方

白いトースターの商品撮影

スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方

スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理

自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方

ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)

商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影

紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い

商品撮影の仕方(自転車用ライト)

商品の質感を出すという事

透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)

大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)

商品撮影の仕方
前回は撮影の準備まで説明致しました。今回は実際の撮影です。
商品はレンズの写り込みを避けるために針金の上にのせて撮影します。

背景は光が反対から入れられるようにアトレーです。

光る物の基本のライティングで左からもアトレーで囲います。レンズの下部はそのアトレーを三脚に付けて囲います。
その時にシワを作らないようしないとサングラスのレンズに写り込んでしまいます。右にもアトレーをいれて全体を囲います。

それでは後ろからライトを入れてみましょう。少し暗いですがレンズ部分の透明感は出てきました。次は手前からライトを入れましょう。
左のアトレー越しで下目からライトは入っています。サングラスの手前部分の形状とレンズの色と上部の淵にハイライトが入りました。次はレンズの奥から反射を入れグラデーションを作る事でレンズの色と形状を表現します。
良い感じです。鼻の黒い部分にもハイライトが入りました。次は天面を明るくしましょう。
背後上からのライトです。全体に光が回りシャドウ部分が明るくなりました。明るくなったので白い部分のディテールが失われている所があります。最後に微調整します。
よく見るとオークリーの赤いマークにきれいにハイライトが入っていません。
反射がマークに入りましたがサングラスのつるの部分にも反射が入り形が失われています。調整します。

最後にトーンの調整をして切り抜いて完成です。いかがでしょうか。眼鏡の撮影は思った以上に難易度が高いです。レンズの表現とフレームとのバランスが鍵です。社内で撮影しようと思って挫折した方 お気軽にお声かけくださいおまちしております。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)

商品撮影の仕方
サングラスや眼鏡の撮影は「光もの」と呼ばれる難易度の高い撮影になります。レンズが曲面で折り畳まないでつるを伸ばして撮影をすると反射するレンズが垂直に立ち前にある物がすべて写り込みます。
今回はOakleyのスポーツグラスを使って撮影をします。
このサングラスのメーカーは今韓国のピョンチャンで行われているオリンピックでモーグルの選手はすべてこのメーカーのものをかけていました。

撮影するための準備です。
レンズは先ほども書きましたがレンズが下まで回り込んでいて下から上まで写り込みます。

レンズの透明感を出すため後ろから光を入れたいので眼鏡の撮影ではガラスの板の上に置いて撮影をします。
しかし今回のサングラスは曲面が強く端に置いてもガラスや三脚が写り込んでしまいます。
工夫しましょう。
回りが写り込まないよう少し固めの針金で宙に浮かせます。眼鏡の下に両面テープで固定。

三脚も眼鏡の正面にありますので足が写っています。ABstudioの秘密兵器を使いましょう。大型のジッツオの三脚にアームを付けて足の位置を右にずらしました。これでレンズに三脚は写りません。準備が整いました。撮影のやり方は次のブログをご覧ください。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影