未分類」カテゴリーアーカイブ

ABstudioについてのまとめ記事です。今までの仕事や経験 経歴を紹介しています。

代表の柳井の経歴と私たちのことに関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。

私の経歴を少しお話し致します。(1)
私の経歴を少しお話し致します。(2)
私の経歴を少しお話し致します。(3)
コダックフォトサロン 写真展をしました。
キリンディステラリー御殿場蒸留所の写真集
TOKYO美術館2018〜2019 国立西洋美術館の撮影文庫本の表紙写真
日経新聞対談撮影記事
新しいホームページ
香港返還から20年腕時計の撮影
スピーカーのカタログ撮影
画像処理の一日

会社概要 代表経歴
名称 株式会社 ABstudio
代表 代表取締役 柳井一隆(やないかずたか)
所在地 〒162-0064
東京都新宿区市谷仲之町2-33
ムラハシビル 1F/B1F
TEL 03-3225-5575
FAX 03-5875-8408
設立 平成2年

柳井一隆(やないかずたか)
1963年 東京生まれ
1984年 東京写真専門学校卒業(現 東京ビジュアルアーツ)
株式会社麻布スタジオ勤務
1992年 柳井写真事務所設立
フリーランスカメラマンとして独立
世界文化社 雑誌Bigen Men’sEX などの著名人撮影のページ担当
ナイル・ロジャース ナラダ・マイケル・ウォルデン スキャットマンジョンズ、キャンディーダルファー、ハンスダルファー、ナジフアリなど撮影
1995年ドゥービーブラザーズ パットシモンズ 日本限定アルバム「テイクミーテゥーザハイウエイ」アルバム制作参加
2000年小柳ゆき セカンドアルバム「EXPANSION」アルバム制作参加
2002年 日本広告写真家協会公募展入選
2003年「Metal road」コダックフォトサロン個展
アサヒカメラ9月号掲載
2004年 日本広告写真家協会公募展入選
渋谷ロゴスギャラリー「FrontiersTokyo展示」
2005年 キリンディステラリー 限定ウイスキー「富士御殿場」フォトブック「富士御殿場蒸留所」制作参加
2006年 アサヒカメラ9月号「people」掲載
年鑑日本の広告写真に掲載
2007年 ABstudio設立
2007年12月 業務拡張のため株式会社ABstudioに法人化
2018年 株式会社ABstudio 10期目に入りました。

撮影の備品 「机」

撮影用の備品 「机」 (スタジオ撮影プランご利用の場合は無料で貸出しいたします)

テーブルA


テーブルB

テーブルC

テーブルD

撮影の備品「椅子」

撮影用の備品 「椅子」(スタジオ撮影プランご利用の場合は無料で貸出しいたします)

カウンターチェアA

カウンターチェアA

カウンターチェアB

カウンターチェアB

スツールA

スツールA

スツールB

スツールB

化粧品ビフォーアフターのモデルさんの手配から撮影

私たちによくあるご依頼の中の一つに販売する化粧品を使用したモデルさんを使用したビフォーアフターの撮影があります。
化粧品は女性が直接肌に使用するものです。
ネット通販などで化粧品を販売するときに モデルさんを使用するのとそうでないものとでは売れ行きが全然違うそうです。
今回はスチールと使用シーンもムービーも撮影いたしました。
下記にあるのはその事例です。(スチールのみ)

これはオールインワンファンデーションの広告で左が使用前 右が使用後になります。
afterはヘアメイクがメイクしました。

ナチュラルメイクです。画像加工はしていません。

モデルさんは本職の方ではなく一般の方から探してきました。
弊社の手配です。



モデル撮影の料金表はこちら

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

商品の質感を出すという事

商品撮影の仕方
今日は商品の質感を出すという事を説明したいと思います。
題材に選んだのはしゃもじ。
今のしゃもじってご飯がくっつかないようにぶつぶつがついています。
微妙に湾曲していてのせたご飯がこぼれにくくなっています。

撮影台に設置して普通に正面から光をあててみましょう。

おうとつはわかりますが絵に描いたような感じになっていて立体感に乏しいです。
商品撮影における質感とは斜めから光を当てた時に出来るハイライトと影が作り出す立体感のことです。
つまり影が出来ることによって商品の形が浮き上がってきます。
それでは斜めから光を当ててみましょう。

しゃもじの左から光をあてましたつぶつぶと湾曲した形がよくわかります。持ち手の窪みもよく出ています。
しかし質感は出ていますがコントラストがつきすぎています。ライトを増やしてシャドウを補いましょう。
先ほどの左からのライトは一旦消します。右から違うライトを入れましょう。

しゃもじの右側面を起こすように真横からいれました。なるべく表面に光が回らないようにそれでいて最初にあてたライトのシャドウに少し光が当たるようにします。
持ち手の窪みの左側にハイライトが入り しゃもじの左側も少し明るくなりました。
それでは先ほどのメインライトと一緒にライトをつけてみましょう。

いかがでしょうか。良い感じに質感が出ていますね。
最近はフォトショップの性能が上がり雑に撮影してもパソコン上でトーンカーブやコントラストを調整すればある程度の写真にはなりますが
本当の商品のもつ形や機能を表現するにはきちっとライティングをして撮影をしないと難しいです。
切り抜いて出来上がりです。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

モデルを使用したストールの撮影

先月クラウドファウンディングに掲載するストールの撮影を行いました。この商品は染めを日本で行いミネラル混合体であるプラウシオンを配合した一般医療機器のストールだそうです。
身につけるとプラシオン効果で血行が良くなりポカポカしてきます。
撮影中モデルさんも 体が暖かくてなってきたと言っていました。
 Makuake ミストラルストール
撮影はスタジオでのモデル撮影と商品撮影 それと栃木県の桐生市まで出張して 工場で染めている職人さんの撮影をいたしました。


化粧品のイメージ撮影の仕方

今日は化粧品のイメージ撮影のやり方の解説をします。
撮影商品はヘチマコロンです。

この商品は大正時代から続くロングセラー商品、子供の頃使ったことがある方もいるのではないでしょうか。

さて、それではどのように撮影しましょうか?

以前にご紹介した化粧品の撮影方法(1)では正面から撮影して商品の形状や美しさを表現しました。
今回はイメージ撮影ですので、その商品がどのように使われるのかを考えみずみずしさや明るさが伝わるように背景や光線に気を使い小物等を配置して商品を引き立てます。
イメージ撮影に入る前には撮影のイメージの方向性を決めておきます。
今回は天気の良い日の朝、お風呂上がりにヘチマコロンを使うというイメージで撮影をすることにしました。

お風呂上がりですからシチュエーションは浴室または洗面台のタイルの上がいいでしょう。
タイルはホームセンターで買ってきて撮影用にスタジオに常備しているタイルを使用します。

まずは撮影台にタイルを並べます。

それではヘチマコロンを置いて撮影してみましょう。
上からと左からライトを入れてみます。


いかがでしょうか。ビンの色は良く出ていますがちょっと透明感が足りないような気がします。
業界用語で シズル感が足りないとでも言うのでしょうか。
ライティングを変えてみましょう。

いかがでしょうか。ビンの透明感 タイルの反射 後方より光を入れて撮影してみました。
シズル感出ましたか?
ちょっとした工夫で、商品の表情はかわります。

とってもきれいに撮影出来ましたが、これだけではちょっと寂しいのでもう少し工夫して
水回りのイメージの小物を置いてみましょう。

何にしましょうか?

タオルにしてみましょう。

事務所に置いてある物でしたので、折皺がついています。

スチームをかけます。
アイロンですとプレスすることになりタオルがつぶれてふんわり感がでなくなってしまいますのでスチームを掛けた方が良いでしょう。


いかがでしょうか。左側にグリーンを入れてみました。オーソドックスな撮影ですが雰囲気は出たのではないでしょうか。

そうそう、クリームのフタが曲がってました。色の調整と画像処理して完成です。

他にも化粧品の撮影方法の説明がございます。下記よりご覧ください。
化粧品の撮影方法カテゴリー

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

冷凍食品(エビピラフ)の料理撮影の仕方

商品撮影の仕方
冷凍食品などの料理撮影のやり方を実践してみましょう。
味の素冷凍食品さんのエビピラフです。

もともと冷凍の物ですので電子レンジで解凍します。お皿にうつしましょう。

レンジに入れてあたためます。

出来ましたら入ってる具材を選り分けます。えび ネギ アカパプリカ インゲン とうもろこし にんじんなどです。選り分けた物は後でバランスよく盛りつける材料です。

つぎに撮影用のお皿にピラフのご飯もきれいに盛りつけます。具材の位置などはこの時にはあまり気にしないで大丈夫です。ボリュウム感をだしましょう。

ご飯の次は先ほどよりわけた具材をのせます。撮影をする位置を考えながらだいたいの位置に置いていきます。

さぁだいたいできました。ようやく撮影です。料理撮影は準備にそのほとんどの時間がかかります。入念な準備が良い写真の近道です。


白背景だけだとあじけないので、ランチョンマットを置きました。

おいしそうですが、具材の配置などが気に入りません。盛りつけた時の見た目とカメラから見たアングルは当然違ってきますのでモニターを見ながら修正します。
トウモロコシのバランスと大きなパプリカが手前で目立っています。

手前の下部に歪んだへこみがありますご飯で埋めます。中途半端に見えているネギもついでに見えなくしました。
最後に細かな画像修正と色補正で完成です。

いかがでしょうか。
とってもおいしそうでしょう。冷凍食品とは思えません。アップも撮影しました。
料理の写真はアップにするととってもシズル感がでておいしそうに見えるのです。

先ほどもお伝えいたしましたが料理写真は料理の準備が良い写真を仕上げる鍵です。今回は冷凍食品でしたので最初から料理を作らなくても大丈夫でした。
私たちは非常食用のレトルト食品や缶詰などの撮影を行っております。手の込んだ料理ではフードコーディネーターを呼んで撮影する事も出来ます。
是非料理撮影もご相談下さい。
最後にエビピラフは撮影後に昼食代わりに食べました。
おいしゅうございました。

ステンレス製 鍋の撮影(4)

商品撮影の仕方
前回に引き続き ステンレス製 鍋の撮影です。
鍋の撮影(1)の撮影を終わってやはりもう少し側面の質感をピッカピカに光っているようにしたいと思い再撮影いたしました。
前回撮影した時にはグラデーションがつきすぎたせいか、少しマットぽく感じました。
どのように表現すればよいかいろいろシュミレーションしました。
前回と同じようにアトレーを下に通してグラデーションを付けましたが、右のライトを強くしました。
でもあまり改善されていません。
正面のシャドウがぼやけているのがメリハリのない原因かもしれません。
左右にアトレーを分けて撮影してみましょう。

正面シャドウの境目がくっきりしたら、側面が鏡面に見えてきました。ただ境目が歪んでいるのでこの歪みをなんとかしたいです。
実際の撮影でここを真っすぐにする事は難易度が高いので、画像処理する事にしましょう。
まずはシャドウの部分の大きさを考えて撮影します。

少し歪んでいますが画像処理するには問題ありません。右側の境目の歪みを修正しましょう。

ついでに幅の調整も行いました。境目が真っすぐはっきりしました。
次に左のシャドウの境目の調整です。ここは境目から明るくなっている所が少しグレーになり見た目のメリハリがないように感じます。
これを含めて修正しましょう。

いかがでしょうか。きれいに修正が出来ました。正面に黒い部分があるのはどうかと思ったのですが、黒い部分がある事により両サイドのハイライトがきわだってステンレスのシャープな反射が感じられます。以前にもお伝えいたしましたが、ある水準まで商品撮影の完成度があがると、後はそのカメラマン個々の表現方法により仕上がりは違ってきます。
「鍋の撮影(1)〜(3)」までの表現と今回のとではかなり違います。
最後に色調 コントラストを修正して出来上がりです。

かなり画像修正を加えましたが、ステンレスの鍋になりました。

ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影