感じた事」カテゴリーアーカイブ

緊急事態宣言に伴うビデオ会議システム利用の撮影についてです。

4月7日から緊急事態宣言が発令されてから、お話のあった撮影で延期になったものもあります。
その中でもやはり撮影しなくてはならないものもあり、送っていただいてのリモート撮影を実施しております。

 コロナ前は通常撮影数の少ないものなどはリモート撮影をご利用いただいて、撮影数の多いものやイメージ撮影などは立ち会っていただいての撮影をご利用いただくことが多かったです。

ただリモート撮影は撮影画像をpdfにしてお客様のメールにお送りしてご確認いただくという手順で カット数が多かったりライティングの違う商品があると再撮影の時にライトの組み換えが発生して効率が悪い面もありました。

今回初めての試みですが先週の撮影で ビデオ会議システムを取り入れて撮影を行いました。
お客様の会社での推奨会議システムで 弊社撮影時に使用しているモニター画面を共有して撮影をしました。
 
画面は共有ですのでリアルタイムでの撮影確認が可能で、立会い撮影とほぼ変わらず効率的に撮影ができました。
ただし弊社のモニターはモニターキャリブレーションを合わせてありますが お客様の見ているノートパソコンの液晶モニター環境では色や明暗が個々によりあっていなかったりするので、色や明るさの確認はこちらに任せていただくしかないようです。

それにしても今回どちらの企業様も必要に迫られてリモートワークを実践していますが今後はこのようなやり方ももうひとつの選択肢として普通に行われるようになるでしょうね。
実は今日も午後からビデオ会議システムを使っての撮影です。
早く収束することを願うばかりです。

コロナウイルスの影響

本日 緊急事態宣言が発令されるようです。
自転車で通勤しておりますが都心は人がとっても少なくてみなさん意識しているのだなと思いました。

3月中はそれほどの影響を受けることはありませんでしたが4月に入り仕事が止まってしまったように感じます。
この時期は毎年集合写真の撮影があるのですが 大手企業の入社式 私立の小中高校の入学式も延期になりました。
そういう私の娘も今年中学一年生 入学式は無しになりました。
ただ商品撮影のご依頼に関してはいただいており ある大手企業様はテレワークに入り立会い撮影無しでネットによる確認撮影を行っております。
スタジオは営業しておりますのでぜひご連絡ください。

GWまでは我慢するしかありません。
みなさん頑張りましょう。

さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影

商品撮影の仕方
私たちのスタジオにはイメージ撮影用の背景やさまざまな小物類を揃えています。(スタジオ撮影プランご利用の場合は無料で貸出しいたします)
下記のリンクをご覧ください。商品や化粧品のイメージ撮影にご利用ください。

撮影用背景 デコラなど

撮影用小物 造花 植物 花など

撮影の備品 イメージ撮影用小物(1)

撮影の備品 イメージ撮影用小物(2)

撮影用の備品 椅子など

撮影用の備品 机 など

下記画像は小物を使ったイメージ画像です。ハウススタジオで撮影したものも含まれております。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影 商品の撮影 反射するものの撮影

商品撮影の仕方
大型の製品の撮影事例を紹介します。
大きい物の撮影になりますとスタジオに運び込むことが難しいため
お客様の指定場所まで撮影機材を持参して伺うことが多いです。

撮影機材の持参と言いましてもその機材の量は多く、乗用車型のワゴン車の後ろの座席を倒して
満載になるくらい機材を持ち込みます。

下記の製品は粉末や顆粒の中にあるゴミを見つける製品です。製薬会社や食品会社の製造工場などで
使われる製品です。

ご覧のように表面はステンレスでピッカピカ。鏡のように周りが写る製品で
誰もが撮影するとなると唖然とする製品です。

撮影は基本的に乳白の透過するトレッシングペーパーで囲って
写り込むのはこのトレペだけという状況を作ります。
下の画像はの製品は斜めにして撮影しています。
斜めだと反射する方向にトレペをたらせば良いのである意味楽な撮影と言えます。

それでは今度はこちらの製品を正面からの撮影ではいかがでしょうか。
実際に正面に製品を向けると私(カメラマンと三脚をつけたカメラ)がバッチリ映ります。
そのほかにも床も何もかもびっくりするぐらい映ります。

下の画像を見てください。

あれ、写っていません。
どうやったのでしょうか。

画像処理?

タネを明かすとカメラはなるべく製品から離すため90mmシフトレンズを使っていて
高さも製品より少し高くにしました。

床には大型の背景紙をひいていてカメラのそばまで引っ張り出し両端をアシスタントとデザイナーに持ってもらい
カメラの真下まで持ち上げてます。
すると床面が製品の足の部分からカメラの下まで斜めになり
白い紙が写り込むわけです。
ライティングはその床にライトをあてて面を出してあげます。

切り抜いた完成カットです。

ただしここでよく見ていただきたいのは、斜めにしてトレペを通して撮影した製品の面と
正面にして白い紙を反射させた製品の面では、ステンレスの質感の出方はあきらかに
斜めにしてトレペでライティングした方がステンレスらしさが出ています。

撮影をしていると今回の正面の撮影のようにどうしても難しくできないことが出てきます。
でも色々考えその場でできる最良の方法で撮影をすることが総合的にみて良い写真を撮る
カメラマンということなのではないでしょうか。

そのほかに撮影をした部分カットも掲載しました。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

ABstudioについてのまとめ記事です。今までの仕事や経験 経歴を紹介しています。

代表の柳井の経歴と私たちのことに関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。

私の経歴を少しお話し致します。(1)
私の経歴を少しお話し致します。(2)
私の経歴を少しお話し致します。(3)
コダックフォトサロン 写真展をしました。
キリンディステラリー御殿場蒸留所の写真集
TOKYO美術館2018〜2019 国立西洋美術館の撮影文庫本の表紙写真
日経新聞対談撮影記事
新しいホームページ
香港返還から20年腕時計の撮影
スピーカーのカタログ撮影
画像処理の一日

会社概要 代表経歴
名称 株式会社 ABstudio
代表 代表取締役 柳井一隆(やないかずたか)
所在地 〒162-0064
東京都新宿区市谷仲之町2-33
ムラハシビル 1F/B1F
TEL 03-3225-5575
FAX 03-5875-8408
設立 平成2年

柳井一隆(やないかずたか)
1963年 東京生まれ
1984年 東京写真専門学校卒業(現 東京ビジュアルアーツ)
株式会社麻布スタジオ勤務
1992年 柳井写真事務所設立
フリーランスカメラマンとして独立
世界文化社 雑誌Bigen Men’sEX などの著名人撮影のページ担当
ナイル・ロジャース ナラダ・マイケル・ウォルデン スキャットマンジョンズ、キャンディーダルファー、ハンスダルファー、ナジフアリなど撮影
1995年ドゥービーブラザーズ パットシモンズ 日本限定アルバム「テイクミーテゥーザハイウエイ」アルバム制作参加
2000年小柳ゆき セカンドアルバム「EXPANSION」アルバム制作参加
2002年 日本広告写真家協会公募展入選
2003年「Metal road」コダックフォトサロン個展
アサヒカメラ9月号掲載
2004年 日本広告写真家協会公募展入選
渋谷ロゴスギャラリー「FrontiersTokyo展示」
2005年 キリンディステラリー 限定ウイスキー「富士御殿場」フォトブック「富士御殿場蒸留所」制作参加
2006年 アサヒカメラ9月号「people」掲載
年鑑日本の広告写真に掲載
2007年 ABstudio設立
2007年12月 業務拡張のため株式会社ABstudioに法人化
2018年 株式会社ABstudio 10期目に入りました。

新年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
今年の年末年始も越後湯沢にスキーに来ています。
28日から強い寒波が来て3日間雪が降り続きました。4日目大晦日ようやく青空が見られその一瞬を撮影した写真です。

今年の営業は証明写真部門は6日 広告部門は7日からとなります。
事務所には5日から出ており連絡はとることが出来ますのでメール電話でのご連絡お待ちしております。

ステンレス製 鍋の撮影(3)

商品撮影の仕方
鍋の撮影 第三弾です。
この鍋の特徴のひとつ金属の持ち手部分の撮影をしてみましょう。
やり方は前の二つのブログと変わりません。ディフューザーを使いライトの位置を調整して撮影します。
それではライトをひとつずつつけて確認しながら説明しましょう。
天面からのライトです。
蓋のグラデーションと持ち手のハイライトの表現です。きれいに入りました。

左側面のライティングです。取っ手の下からうまく光が入りました。

右側面のライティングです。見ての通り持ち手は丸い棒状をして曲線を描いています。丸みを出すには棒に平行に光をあてて反射を拾うようにします。ただその時に蓋や側面にも光は回りますのでその部分も考慮しながらライトを組む事が必要です。

すべてのライトをつけてみましょう。いかがでしょうか。持ち手がものすごく立体感が出てます。鍋の蓋の表現も申し分ありません。トーンを調整して切り抜きましょう。
完成です。
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

ステンレス製 鍋の撮影(2)

商品撮影の仕方
先日は鍋を斜め上から撮影しました。鍋のふたのふくらみと鍋底の丸みが一番きれいに表現出来るのでこの角度から撮影しました。持ち手の形もとっても良く表現出来ました。
今日はカメラアングルを下げて撮影をしてみましょう。

前回の撮影からライトは動かしていません。反射の角度が変わりますので微調整が必要です。鍋の側面の正面が黒く影が写っています。これは下に回したアトレーの足りていない部分です。

黒い部分が少し気になるのでアトレを動かしてぼかしましょう。

少しメリハリをつけましょう。蓋の反射と左からのライトを少し強くします。

鍋の持ち手 蓋の取ってが暗いです。ここを起こしましょう。
正面からライトを入れます。


いかがでしょうか。切り抜いてトーンの調整をして完成です。

ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

ステンレス製 鍋の撮影(1)

商品撮影の仕方
今日はステンレス製の鍋の撮影の仕方をレクチャーしましょう。
下の鍋です。ピッカピカ!撮影しているiPhoneがバッチリ写っています。

この鍋は宮崎製作所様という新潟県燕市にあるメーカーで日本で製造しています。
光を反射させると少しの歪みでもわかってしまいますが この鍋はいっさいそういう事はありません。
15年間の保証付きで、「良い物を末永くが」 企業ポリシーだそうで昔からの日本のものつくりの原点のような企業です。

さあ撮影しましょう。
最初に紹介する撮影の仕方はわりとどこの撮影会社でもやっている撮影の仕方です。
このやり方でしたら短時間に沢山の撮影が出来ます。
白デコラの上において写り込みをなくすためにアトレー(ディフューザーのことです。)で囲ってしまうやり方です。この鍋でしたら斜め上から撮影すれば側面の反射は下にひいてある白デコラが写るのでそこそこの出来にはなります。

このなかに鍋が入っています。

実際にこのライティングで撮影するとこんな感じ。

いかがでしょうか。この写真だけ見るとフタの持ち手の手前に横に写り込んだラインが入ってはいますが「これでもいいんじゃね」と思うかもしれません。ためしに撮影角度を少し下げてみましょう。

回りが見事に写り込んでしまいました。正面から撮影すると丸い物ですので全体が写ってしまいます。
これだけ写り込む商品は切り抜き前提で撮影しないと難しいですね。
それではABstudioの撮影方法をご紹介いたしましょう。

最初に撮影する商品を載せる台を作らなければなりません。下部が丸くなっているのでその映り込みの処理をしなくてはならないからです。
宙に浮くように鍋を設置してその下にアトレーを回し込みます。

撮影の台は、30年前のジッツオという三脚です。以前フィルムで仕事をしていた時には4×5のカメラを載せて使っていました。その三脚にクランプでハスキーのエレベーターをアームにしてブームにしました。(ちょっと専門的でごめんなさい)
余談ですけどジッツオという三脚のメーカーはフランスの会社で第二次世界大戦のとき機関銃の銃座を作っていました。今ではとってもカメラマンに優しい使いやすい三脚を販売していますが当時私が買った30年前は(この三脚もそうですけど)重いし動きは硬いしとにかく助手泣かせの三脚でした。ただ重くて動きが硬いという事はちょっとやそっとじゃ動かないということで撮影に使うには当時の日本製の三脚に比べ格段に良い製品でした。

背景はアトレーです。アトレーに穴をあけて鍋だけ出るようにします。




鍋だけ出ました。後にたらしたアトレーは鍋のふたに写り込みその表現に使います。
側面の表現は下部が丸くなっているので鍋の下をくぐるよう一枚のアトレーで囲います。

撮影用の三脚の手前にアトレーがきてしまうので上からカメラを出すためにこれももう1台ジッツオのブーム三脚を使います。

それではライトを置いて行きましょう。
まずは鍋の天面蓋の表現です。左斜めからライトをいれてみましょう。

うっかりしていました、ライトを入れたのは良いのですが背景に使ったアトレーに傷やシワがあり写り込んでしまいました。設置した時にはこれくらいは大丈夫かなと思ったのですが鏡面仕上げの鍋のふたには通用しませんでした。背景のアトレーを取り替えましょう。

気をとりなおしてもう一度撮影です。

いかがでしょうか新品にしました。きれいにグラデーションが出ていますね。
少しシャドーがきついかと思われますが他にライトを点けると光が回り明るくなるのでとりあえず次のライトを調整しましょう。

側面です左下からライトを入れましょう。わかりやすくするために上からのライトは消しています。

少し左過ぎたようです。私のイメージではもう少し右に大きめのハイライトを入れて左側面の淵に小さめのハイライトを入れたいと思います。


左側面の真ん中にハイライトをもってきました。次は左側面の淵です。

いかがでしょうか。2灯ライトで構成する事により丸みが表現出来ました。次は右のライトです。
こちらからは大きめのライト1灯で表現しましょう。

横からライトを入れました。真ん中ハイライトの切れ目が縦に入ってしまっています。少しライトを動かしディフューザーをもう一枚いれてグラデーションがつくようにしましょう。

さあそれではライトをすべてつけてみましょう。

おっといけません、良く見たら右側面のアトレーが足りず少し段になってしまっています。(赤矢印の丸部分)丸い物ですので淵は屈折して後方が写り込みます。
ぐるっと下を通しているアトレーを商品にもう少し近づけましょう。

後は全体のメリハリと金属感をだして完成です。

完成しました。いかがでしょうか。最初に撮影した物と比べてみて下さい。圧倒的にカッコいいでしょ。The ステンレスという感じでしょうか。

最後に感じた事です。
撮影している時は良い出来だと思っていましたが。これをHPに載せるために何度も写真を見ながら書いているともう少し側面の金属感は出せなかったかな(少しマットぽくなってしまった)と思いました。
写真もいろいろな表現方法があります。その中で自分が考えるその商品が最高にかっこ良く見える撮影の仕方をしたいと思っています。
まだまだ研究の余地ありです。
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

夏休み明けです。

長いお休みをいただきました。おかげで家族と旅行に行ったり 夫婦で美術館に行ったりできました。20日から撮影をしておりますがまだまだスケジュールに余裕があります。
是非ご連絡下さいおまちしてます。