化粧品の撮影方法」カテゴリーアーカイブ

化粧品テクスチャー撮影 素材撮影

商品撮影の仕方
化粧品のパッケージの撮影をすると同時にその化粧品の色とツヤ感 質感テクスチャーを表現できないかとのご依頼をよくいただきます。
液体の硬さにより表現方法は変わりますがいくつかご紹介いたします。
下記の画像はリッププランパーです。

丸くなるようにプランパーをアクリルの上に流します。
綺麗に丸くなるようにするにはちょっとコツが必要です。
方法は企業秘密です。(笑)
最後に画像処理をして仕上げています。

次はプランパーを指でこすって表情をつけてみましょう。
化粧品の色見本でよく見るパターンですね。

これは何回も綺麗に出来るようにアクリルに擦り付けています。それでもはみ出てしまうところ 気泡が入ってしまうところは画像処理をしています。

白いクリームや透明な素材のもの 泡はいかがでしょうか。

白いものを白い背景の上に表現するのは少し工夫が必要です。背景と同化しないよう影をつけて浮き上がるようにします。
それとあまり真っ白に撮影すると分離しないのでスミっぽくならない程度にグレーを残します。

クリームの蓋を開けて、クリームがツノが立ったテクスチャー写真です。
テレビのコマーシャルでもよく見ますよね でもクリームの硬さによってうまくツノが立つものとそうでないものがあります。
簡単に出来る商品は本当にすぐに出来るのですけど、ダメなものは全然ダメってこともあります。

次はアイシャドウです。ケースの蓋を開けるととっても綺麗に盛り上がっていましたのでそのまま撮影しました。
反射やツヤ感 色味がよく出るようにライティングします。

ファンデーションです。
こちらは粉ですのでデコラ板の上に粉をふり落として上から平らなもので抑えました。

質感を出すのにも色々なやり方があります。ご質問 撮影をしてほしいなどがございましたら是非ご相談ください。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)

商品撮影の仕方
先日は窓枠を使ったイメージ撮影の作例をご紹介いたしました。
窓の外は草木を置いてその後ろにレンガの壁紙をぼかして入れました。
今回は窓の外に画像処理で風景を入れてみました。
違和感が出ないように調整が必要です。
まずは白樺の森の中にある家の窓から見た風景です。

山荘の中にいるようでしょう。
画像はレンタルフォトから持ってきて、フォトショップでぼかしています。
山の次は海に挑戦です。

海でしたら窓枠は白色でしょうか。
こんな風に海が見える家に住んでみたいですね。
海や森に行かなくても近いイメージを工夫次第で撮影できます。
お客様にイメージがありましたらぜひご相談ください。
ご連絡お待ちしています。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)

商品撮影の仕方
化粧品のイメージ撮影でキーワードになるのは 明るさや清潔感 自然 安全 空気 みずみずしい などではないでしょうか。
それらを表現するには生活空気感の中に商品を置いて表現するのも一つの方法です。
下記の写真をご覧ください。
これは私たちのスタジオで撮影しました。
ハウススタジオではありません。セットを組んでの撮影です。
工夫をしてスタジオにある小物を使い撮影いたしました。

窓の外は空間になっていますから変更することが可能です。
壁を変えてみましょう。壁紙で作ってありますので簡単に変更可能です。

変化をつけることができました。
最初の赤い煉瓦壁よりもこちらの白い壁の方がうるさくなくて良さそうです。
窓枠は白いですが木目の窓枠もあり下記の写真は窓枠を変えたものです。

こちらの小物類は化粧品スタジオ撮影プラン(時間制料金)でしたら無料で貸出可能です。
最後にどのように撮影しているか種明かしです。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影

商品撮影の仕方
私たちのスタジオにはイメージ撮影用の背景やさまざまな小物類を揃えています。(スタジオ撮影プランご利用の場合は無料で貸出しいたします)
下記のリンクをご覧ください。商品や化粧品のイメージ撮影にご利用ください。

撮影用背景 デコラなど

撮影用小物 造花 植物 花など

撮影の備品 イメージ撮影用小物(1)

撮影の備品 イメージ撮影用小物(2)

撮影用の備品 椅子など

撮影用の備品 机 など

下記画像は小物を使ったイメージ画像です。ハウススタジオで撮影したものも含まれております。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品の撮影についてのまとめ記事です。

商品撮影の仕方

化粧品に関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。

化粧品のイメージ撮影の仕方

ヘチマコロンのイメージ撮影のやり方を解説しています。タイルの上に置いて朝の光のイメージで撮影しています。

 

 


化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)

口紅の撮影方法の解説です。ネットショップなど商品解説に必要な真正面からの撮影事例です。

 

 

 


化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)

化粧品のロゴにはよく箔押し(金色または銀色のロゴ)があります。正面から撮影するとカメラが写り黒くなってしまうことがあります。その修正の方法です。

 

 

 

 


化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)

ハウススタジオのようにセットを組んで撮影しました。

 

 


さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影

ハウススタジオでのイメージ撮影です。

 

 


化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品の様々なテクスチャーの撮影例です。色玉撮影からクリームのツノたてなど紹介しています。

撮影の備品「椅子」

撮影用の備品 「椅子」(スタジオ撮影プランご利用の場合は無料で貸出しいたします)

カウンターチェアA

カウンターチェアA

カウンターチェアB

カウンターチェアB

スツールA

スツールA

スツールB

スツールB

化粧品のイメージ撮影の仕方

今日は化粧品のイメージ撮影のやり方の解説をします。
撮影商品はヘチマコロンです。

この商品は大正時代から続くロングセラー商品、子供の頃使ったことがある方もいるのではないでしょうか。

さて、それではどのように撮影しましょうか?

以前にご紹介した化粧品の撮影方法(1)では正面から撮影して商品の形状や美しさを表現しました。
今回はイメージ撮影ですので、その商品がどのように使われるのかを考えみずみずしさや明るさが伝わるように背景や光線に気を使い小物等を配置して商品を引き立てます。
イメージ撮影に入る前には撮影のイメージの方向性を決めておきます。
今回は天気の良い日の朝、お風呂上がりにヘチマコロンを使うというイメージで撮影をすることにしました。

お風呂上がりですからシチュエーションは浴室または洗面台のタイルの上がいいでしょう。
タイルはホームセンターで買ってきて撮影用にスタジオに常備しているタイルを使用します。

まずは撮影台にタイルを並べます。

それではヘチマコロンを置いて撮影してみましょう。
上からと左からライトを入れてみます。


いかがでしょうか。ビンの色は良く出ていますがちょっと透明感が足りないような気がします。
業界用語で シズル感が足りないとでも言うのでしょうか。
ライティングを変えてみましょう。

いかがでしょうか。ビンの透明感 タイルの反射 後方より光を入れて撮影してみました。
シズル感出ましたか?
ちょっとした工夫で、商品の表情はかわります。

とってもきれいに撮影出来ましたが、これだけではちょっと寂しいのでもう少し工夫して
水回りのイメージの小物を置いてみましょう。

何にしましょうか?

タオルにしてみましょう。

事務所に置いてある物でしたので、折皺がついています。

スチームをかけます。
アイロンですとプレスすることになりタオルがつぶれてふんわり感がでなくなってしまいますのでスチームを掛けた方が良いでしょう。


いかがでしょうか。左側にグリーンを入れてみました。オーソドックスな撮影ですが雰囲気は出たのではないでしょうか。

そうそう、クリームのフタが曲がってました。色の調整と画像処理して完成です。

他にも化粧品の撮影方法の説明がございます。下記よりご覧ください。
化粧品の撮影方法カテゴリー

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

撮影商品のホコリ消去と画像合成処理

化粧品やオーディオ製品など どんなに注意して綺麗にしても撮影した後にホコリが見つかることがよくあります。
パソコンで拡大して見ますからなおさらです。
下記の写真をご覧ください。
少しわかりにくいですが赤丸印部分にホコリがあります。

私たちは撮影後納品するときには必ず拡大確認して もしある場合は必ず消去してから納品いたします。
もちろん料金はかかりません。
下の画像は全て消去した画像です。

画像処理ついでに以前私たちが撮影したカップヌードルのスケルトン写真のご説明をいたします。
下記の画像は小学校の教科書用にカップヌードルがどのように入っているか説明するための画像です。
カップを綺麗にカッターナイフで切って中が見えるように撮影します。
実はこれは全て別々に撮影してから 合成処理しています。

まず最初に切断したカップだけの撮影をします。全体に光が回るように撮影しました。
綺麗に切断するのはコツが必要です。

次は麺だけを撮影します。このときには麺だけを大量にスタジオに持ち込み形の良いものを選びました。
それでも気になるところがあると画像処理で対応です。
上にのっている具も沢山用意したものから形の良いものを選んでバランスよく乗せていきます。
微妙に後ろにエビが見えたり卵が隠れたり調整しました。

これをカップの中に画像処理で入れるわけですが 単純に入れるだけではやはり違和感が出てしまいます。
どちらの画像も光を綺麗に回して撮影していますので立体感がありません。
合成するとともに 影を微妙につけて立体感を出していきます。

カップからはみ出しているところを処理で中に入れます。

上の写真の丸のところが明るいままです。影になっていますから暗くないと違和感があります。

赤丸部分を暗くしました。これはカップの口に蓋をして影にして撮影したものを切り取って差し込みました。

明るいものを単純に選択して暗くするには無理があるので撮影したものを差し込みました。
あとは微妙なトーンの調整をして完成です。

化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 2 )

前回の続きです。化粧品の真正面にある箔押し金のロゴをきれいに処理するか?です。
前回まではライティングをして商品の質感の表現を致しました。
ロゴの”esh”がカメラが写り黒くなっています。

どうしましょうか。スポイドツールで色を抽出して塗りますか?それともスタンプツールで・・・・・。
正面のカメラが写っているのですからそこからずらして撮影しましょう。
それには商品を左に回転させます。


”e”のロゴはきれいに反射をひろっていい感じです。この文字を使いましょう。歪みは画像処理で調整します。次は”s”のロゴです。もっとまわします。


うまく反射をひろいました。こちらを使いましょう。次は”h”のロゴです。反対に回しましょう。

“h”もうまく反射が入りました。それではコピーして合成しましょう。単純な合成作業ですが色味を違和感なく調整しなくてはなりません。

合成する文字を選択します。

若干色味が違いますが大丈夫です。後調整です。

上にのせました。回した分少し歪みました。変形 ワープで歪みを修正します。
文字のまわりの余分な部分を削除します。自動選択ツールでよけいな所を選択して消去します、このとき選択範囲を縮小しないと後ろのロゴがはみ出してしまいます。
“s” “h”も同じように行います。

合成しただけですと明るさがバラバラです。調整しましょう。


いかがでしょうか。自然な感じにロゴができました。ちょっと手間がかかりますがこのやり方が一番きれいで確実です。
自分ではムリ! という方は是非私たちにご連絡を。
お待ちしてます。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )

今回はボトルの真ん中に箔押しの(金色)ロゴが真ん中にあるクリームのボトルの撮影をしてみましょう。
蓋には凹凸の模様が入っていて、こちらもライトの調整ではっきり出るようにしなくてはなりません。


さっそくライティングをしてみましょう。
まず後ろからは透過光で光をあてます。背景がとばない程度で良いと思います。
それから左からメインライトをあてます。トレッシングペーパー越しにライトをあてて前後左右に動かして蓋の部分の凹凸とハイライトのバランスを見て行きます。ロゴの真ん中は完全にカメラが写ってしまい金色が黒くつぶれてしまっています。このようなデザインのケースでは必ず真ん中にカメラが写ります。

ライトの位置を左へずらしました。ハイライトの入り方が優しくなりました。蓋の模様もはっきり出てきました。


ぐっとライトを左に回しました明るくなり文字の r から e にかけてきれいにグラデーションがかかりました。でもちょっと明るくなり過ぎのようです。


少し出力を落としました。蓋の模様 左からのハイライトのグラデーション よいのではないでしょうか。少し暗くスミっぽく感じますが右からもライトを入れますから大丈夫です。
次は右側のライティングです。


右からトレペ越しにライトを入れました。少し弱めに商品の横より少し後ろの位置からです。明るくはなりましたがハイライトがありません。もう少しライトを動かして調整しましょう。


ハイライトが入りました。う〜ん少し強すぎたようです。このハイライトの入れ方に決まりはありません。カメラマン クライアント デザイナーの好みだと思います。バランスを見ながら組み立てて。商品と自分の感性にあうライティングを致しましょう。


少しストロボの出力を押さえました。左のハイライトを邪魔しないバランスにしました。蓋の部分もよく質感が出ています。
良いです。

切り抜いて色調整致しました。
次はカメラが写って黒くなってしまっているロゴの処理です。
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 2 )

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影