カメラ機材のこと」カテゴリーアーカイブ

ヘルメットの写真撮影のやり方

スポーツ自転車用のヘルメットです。
日本製のKABUTOというメーカーのizanagiという名のヘルメットです。

今回は周りから1灯少しずつ動かしながら撮影して商品の見え方を見てみましょう。
まずは左横からライトを入れます。

少し上に動かします。

ロゴに反射しました。
かなり造形的なヘルメットで曲線ではなくて角を使い構成しているので、明暗の差で面を表現できます。
1灯だけで見てみると製品の形が非常によくわかります。



徐々に後ろに動かしました。
今の一連の動きでどの面をどこから光をあてると面を出すことができるか把握しました。
実際に多灯ライティングでライティングしてみましょう。
写真二つ前のライト位置と手前からの2灯から作っていきます。

次は右から3灯目を入れます。

ヘルメットのヘッド部分のシルバーが明るくなりました。
次は右斜め後ろからライトを入れてみましょう。

天頂部分の空気穴の周辺の造形が浮き出ました。
ここまでで5個のライトを使いました。
次は後ろの文字部分の表現です。

少しまっすぐ当てすぎたようで文字が反射して見えずらくなってしまいました。
少し軸をずらして それとは別にkabutoのブランド名の上の黒くつ潰れている部分にもライトを当ててみましょう。

後部のAIRの文字も見えるようになり kabutoのロゴの上もハイライトが入ってメリハリがつきました。
切り抜いて色調整とコントラストの調整をして完成です。

いかがでしょうか。結局 7灯のライトを様々なところからあてて面の表現をしました。
そうすることによって部分部分の反射や明るさのコントロールを容易にします。
真横と正面も撮影しました。


使用機材はPHASEONE IQ380 Makro-Planar T* 4/120
撮影していて気がついたのですがよく見ると反射の加減によってコートしてある下に文様(麻の葉のデザインらしいです)がうっすら見えました。
次回はこれを見えるように撮影します。

コロナウイルスの影響

本日 緊急事態宣言が発令されるようです。
自転車で通勤しておりますが都心は人がとっても少なくてみなさん意識しているのだなと思いました。

3月中はそれほどの影響を受けることはありませんでしたが4月に入り仕事が止まってしまったように感じます。
この時期は毎年集合写真の撮影があるのですが 大手企業の入社式 私立の小中高校の入学式も延期になりました。
そういう私の娘も今年中学一年生 入学式は無しになりました。
ただ商品撮影のご依頼に関してはいただいており ある大手企業様はテレワークに入り立会い撮影無しでネットによる確認撮影を行っております。
スタジオは営業しておりますのでぜひご連絡ください。

GWまでは我慢するしかありません。
みなさん頑張りましょう。

包丁の撮影の仕方 商品の撮影 反射するものの撮影

商品撮影の仕方
包丁の撮影の仕方の解説です。
金属の反射があり非常に難しい撮影対象です。
今回撮影対象に選んだ包丁はダマスカス包丁と呼ばれる文様が入っている包丁です。
何層にも鋼を重ねて鋳造した包丁で錆びにくくよく切れる包丁です。
余談ですが先日両国の日本刀博物館で日本刀を見たときうっすらですが同じような文様が見られました。
これも何層にも鋼を重ねて鋳造しているので同じような文様が見られるのでしょう。

撮影するのはこちらの包丁 安田刃物の源虎徹 剣型の洋包丁です、

それでは撮影です。
正面の撮影です。
カメラは正面におきますが本当に正面におくとカメラが刃に写ってしまいますので写らないギリギリ下目から撮影しています。
長いレンズ(望遠系の商品撮影用のレンズ)で少し離れて撮影しているので包丁は正面に見えています。
それと斜めに対角線に写している理由は横長のものを切り抜き用で使う場合真横に置くより斜めに置いた方が少しでも解像度を大きく使えるためです。
このカメラは2200万画素のカメラでこのままですと60Mbtの大きさです。
しかし切り抜いてしまうと3分の1以下の大きさになってしまう。
対角線に置いて少しでも画素を多く使うというそういう理由です。

それでは最初にライトを1灯だけあててみてどのように変化するかみてみましょう。左からライトを動かしてみましょう。




ライトのあたり方で文様が変化することがわかります。
明るいところから暗くなる所にかけてが一番きれいにみられます。
これはライトの中心が明るく周りに行くに従って徐々に暗くなりますよね。
その明るさがグラデーションになっているところが包丁に反射して質感を出すのです。
ライトを少し上にあげてみましょう。

刃先に近い模様のない部分からライトが外れてシャドウになりました。
カッコ良く表現されていますが所詮ライトがひとつだけのライティングです。
ライトを組んでいきましょう。

最初に刃先を光らせましょう。
そうすることによって硬質感を際立たせます。
カメラから見る角度から刃が反射する位置に探します。

綺麗に入りました。
それと同時に峰にもライトがはいっています。文様が綺麗です。

次はハンドル(柄)の撮影です。
先ほどの刃へのライトは消します。
柄の上部にハイライトを入れましょう。

きれいにラインが入りましたがその光が刃に回ってしまいました。
ここでは気にしません最後に調整しましょう。
次は柄尻にハイライトを入れます。

良い感じです。
次は絵の下部 カーブのついている所の表現です。

きれいにグラデーションが出てカーブが表現できました。
それと同時に上部のハイライトを調整して柄の平らな部分まで光が回るよう調整しました。
木の質感が出ました。
それでは最初に刃にあてていたライトをつけてみましょう。

ライトを全部つけたために光が回ってしまい上部の文様が見えにくくなってしまっています。
白い紙を刃先の下に入れましたがこれは切り抜く時に刃のふちに不必要に黒く残らないようにするためです。
少しライトを動かし調整します。

余計見えなくなりました。
ライトの明るいところがあたってしまったようです。
ストロボの出力を下げてみましょう。

文様は見えてきましたがコントラストが弱いです。
ライトの位置を上に動かしましょう。

とってもよくなりました。
いろいろ動かしたら柄の部分のハイライトが見えていません。
調整します。

とってもよくなりました。
切り抜きをして完成です。

本来包丁はや金属質感のものはハイライトを強調してその中にシャドウを入れて質感を出します。
今回の包丁は 文様を出すためにシャドウが多めに入れてグラデーションを生かして撮影しました。
微妙な光の強弱で質感が変わり非常に難しい撮影対象です。

さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影

商品撮影の仕方
私たちのスタジオにはイメージ撮影用の背景やさまざまな小物類を揃えています。(スタジオ撮影プランご利用の場合は無料で貸出しいたします)
下記のリンクをご覧ください。商品や化粧品のイメージ撮影にご利用ください。

撮影用背景 デコラなど

撮影用小物 造花 植物 花など

撮影の備品 イメージ撮影用小物(1)

撮影の備品 イメージ撮影用小物(2)

撮影用の備品 椅子など

撮影用の備品 机 など

下記画像は小物を使ったイメージ画像です。ハウススタジオで撮影したものも含まれております。

そのほかの化粧品に関する記事です。
化粧品の撮影方法(1)
化粧品の撮影方法(2)
化粧品の撮影方法(3)
化粧品の撮影方法(4)
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 1 )
化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法(2)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(1)
化粧品のイメージ撮影 窓際の撮影(2)
さまざまなイメージ撮影用の小物 背景揃えています。 商品や化粧品のイメージ撮影
化粧品のテクスチャーの撮影

製品 商品撮影のまとめ記事です。

商品撮影の仕方
製品 商品撮影に関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。

CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成

ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方

白いトースターの商品撮影

スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方

スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理

自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方

ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)

商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影

紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い

商品撮影の仕方(自転車用ライト)

商品の質感を出すという事

透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)

大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)

商品撮影の仕方
前日は透明な歯ブラシを後ろから光を入れて撮影をしましたが、もし光を入れなかったらどのような写真になるかテストしました。
まずは昨日の正解の写真です。クリックしてください大きく見ることができます。

次に背景のライトを切って撮影してみましょう。乳白アクリル板にガラス板を5センチ高さでのせていますので光がないとグレー色の背景になります。

いかがですか。全体にスミっぽくなってしまいました。でも良い面もあります全体が暗くなったので背景からの光がじゃましないのでロゴがはっきり見えているのと歯ブラシのブラシ部分の色が分かれている所がよくわかります。切り抜いて見ましょう。

全体にグレー色です。でも持ち手の部分の凹凸の質感は出ています。くっきり出ているロゴと歯ブラシ部分を切り抜いて背後から光を入れたOKカットに画像処理で移植してもいいかもしれません。
ここでわかる事は全体の透明度を出そうとすると凹凸感が薄れていき暗くすると質感が出てきます。透過光撮影の場合 透明感と質感はトレードオフの関係になります。

次に白い背景に直接歯ブラシを置いて撮影してみましょう。

背景が白いのでそれほど違和感はありません。シャドウ部分があり柄の部分の凹凸感は出ています。それと右カメラ横からのライトがうまく反射してカド部分にハイライトを作っています。後ろから光を入れるとハイライトが相殺されて薄くなってしまいますが、光が入っていないのできれいに出ています。切り抜いてトーンカーブで調整します。

トーンカーブで無理やりグレー部分を明るくしました。柄の部分の質感は3つの撮影の中で一番出ています。
あらためて3カットならべてみてみましょう。

あらためて並べてみると透過光で撮影した物が一番良いようです。ただ持ち手部分だけ考えるのであれば透過光無しでも良いかもしれませんハイライトがパキッと入って気持ちいいです。ロゴの出方も透過光無しが一番ですね。
せっかくですから透過光ありと無しを合成していいとこ取りの画像を作成してみましょう。

ロゴと歯ブラシのブラシ部分は透過光無しの画像を合成しました。ハイライト部分も少し強調しています。
ブラシにつながるネック部分もシャドウを入れました。
ちょっとやりすぎましたか?でもやろうと思えば画像処理で相当の所までできます。
それとライトの入れ方で歯ブラシでも その商品の訴え方は千差万別です。
ちょっと細かい説明になりましたが私たちはここまでこだわって撮影する事ができます。
難しい表現力の必要な撮影は是非ご相談下さい。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)

商品撮影の仕方
久しぶりのブログ更新です。ちょっと忙しくてなかなか書けませんでした。
今日は歯ブラシの撮影をしたいと思います。
透明ではない歯ブラシならカメラ屋さんで売っている簡易撮影スタジオ機でもある程度なら撮影出来ます。
それでは面白くないので透明な歯ブラシの撮影をしてみましょう。
いくつか買ってきた中から選びます。

このなかから右から2番目を撮影しましょう。選んだ理由は全体が透明で持ち手の所がくぼんでいて表現する面白さがあるからです。
透明な物の撮影は反対側から光を入れて透過光で撮影します。
撮影台はこんな感じです。

サイコロを2つ用意してその間に乳白のアクリル板を渡します。その上には5センチほど浮かせてガラスの板を置きサイコロの間からストロボを入れます。商品はガラスの上です。
ライトを入れてみましょう。


下からのライトだけで撮影しました。透明感は出ていますが全体にスミっぽいです。箔押しのカタカナロゴも黒くつぶれています。
上からライトをいれましょう。まずは左からアトレー越しにライトを入れます。よけいな光を切るため回りを黒ケント紙で覆います。

箔押しのロゴが明るくなりました。白いブラシ部分の質感も若干出てきました。次はカメラ横からアトレー越しにライトを入れましょう。順光の光です。

ライトの位置が少し悪いようです。ロゴが見えづらくなっています。箔押しのロゴの場合ライトを反射させるのがきれいに出すコツですが。完全に反射させると光を受けてしまい質感が出ません。位置を調整してもっともきれいに見える位置を探します。その場合他の部分に反射してしまう可能性も考えながら調整しましょう。

良い感じです。歯ブラシの部分もきれいに出ています。切り抜いて色調整しましょう。

いかがでしょうか。とってもきれいに表現出来ました。
使用したカメラは 5000万画素のカメラでレンズもあおり機能が付いたレンズを使用しました。
もっとも画素数に関しましては、インターネットに載せるのにはこれほど大きな画像は必要ありませんが、2000×1333の大きさで見る事ができますのでクリックしてみて下さい。
使用カメラ キヤノン5Ds レンズ TSーE135mm

透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

TOKYO美術館2018〜2019 国立西洋美術館の撮影

エイ出版社発行のTOKYO美術館2018〜2019が2月末に発行されました。この雑誌の表紙の西洋美術館は私が撮影しました。

実はこれを撮影したのは2008年でもう10年も前です。当時私はエディトリアルの仕事を割と多くやっていて その取引先のひとつにエイ出版社がありました。撮影した年に出したリアルデザインという雑誌に載せた写真の使い回しです。時代はちょうどデジタルとフィルムの変換期でこの写真は4×5のカメラで撮影しました。コルビジェが設計した建物は天気が悪く雨の中での撮影でしたが逆に重厚感を表現出来たと思っています。

カメラの修理 シャッターユニット交換

先日使っているカメラを修理に出しました。
現在主力で使っているカメラはキヤノンの5DマークⅢと5DマークⅡ2台を使っています。前回のオーバーホールから1年が経っているのでキヤノンに持っていきました。
持っていくと今では使用シャッター回数を教えてくれるのですね。

マークⅢは13万回シャッターをきっており耐用回数の15万回に近くシャッターユニットも摩耗が激しいとのこと。
2台あるマークⅡの1台も12万回きっておりこちらはすでに耐用回数の10万回をこえていて交換を勧められました。もう1台のマークⅡは昨年ユニット交換は終わっており今年はセンサーの清掃だけでした。
デジカメになってからはフィルムのときと違い、とにかくシャッターをきってしまいます。シャッターをいくらきってもフィルム代がかからないというのもあるのでしょう、マークⅢは発売後のすぐ2012年に導入してからまだ2年半しか経っていなくて交換です。

結局2台のカメラのシャッターユニット交換と他に17mmのシフトレンズの修理をあわせて¥75,000だそうです。シビレます。

下の写真は代替機です。悪趣味な太いキャノンのストラップが付いているカメラが借りてきたカメラです。貸し出してくれるサービスは助かります。

商品撮影の小物

写真のアクリルは撮影に使う小物です。東急ハンズなどに行くと素材コーナーなどで見かけますが、スタジオでは何に使うかわかりますか?
いろいろな使い方をします。
よく使うのは切り抜き前提の商品写真を撮影するときにアクリルの上に商品をのせて浮かせて切り抜きやすくするために使います。
透明ですので商品にいやな陰が出来たり映り込んだりしにくいので重宝しています。

 

 

 

 

 

特にワインボトルなどの撮影のときには周りが写ってしまうために机の上に置いて撮影はしません。写真用のしっかりした三脚に大きさの合うアクリルをのせてその上にボトルを置きます。
下の写真の赤丸がそれです。
あとはきれいにライティングをして撮影をします。

余談ですが下の写真、合成写真なのがわかりますか?
濃い色のビンの部分と金色のラベルとTopの部分を合成しています。
ビンのライティングではラベルが黒くなってしまいます。
ラベルのライティングではビンの部分が白くなってしまいます。そこで2回別々のライティングで撮影して いい所だけ合成しました。
弊社では画像処理を前提とした撮影も行っております。難しい撮影もご相談ください。