Menu

atからmtへの免許変更方法

合宿での運転免許取得。あとあと、オートマで運転免許取得したものの、マニュアルトランスミッションにで運転したいという方々もいらっしゃるかもしれませんよね。

果たして、そのようなことは実際に運転免許取得で可能なのでしょうか。

本当のクルマ好きの方々はやっぱりマニュアルトランスミッションといいます。

あなたも、合宿での運転免許取得のあと、相当なクルマ好きになって、マニュアルトランスミッションがいい!という事態になるかもしれないですよね。

マニュアルトランスミッションに変更はそもそも可能なの?

やっぱり運転免許取得は、オートマというのが多いでしょう。とはいうものの、敢えて私はマニュアルトランスミッションという方々も依然多くの割合でいます。

もっと楽しく運転したいという方々は、マニュアルトランスミッションを選択しているようです。

果たして、オートマ限定解除という方法はとることができるのでしょうか。出来たとして手続きが難しいのではないでしょうか。

まず、オートマの運転免許取得からマニュアルの運転免許に変更するのは、 限定解除審査を受けて合格すればOKです。

まず、運転免許試験場で受ける方法では、マニュアルを運転する技術がチェックされて、あると判断された方々は、その場所で合格します。

指定自動車教習所という選択の場合は、技能講習を4時間以上受ける必要があります。そして、教習所の中で限定解除の審査を受けることになります。おおかた多くの人たちは、マニュアルを運転する技術があると考えがたいので、このような方法を取るのではないでしょうか。

技能講習と向きあうことになりますが、そこでは、ギア&クラッチ操作、坂道発進踏み切りでの停車と発進、S字走行、またクランク、縦列駐車、方向転換の講習が行われることになります。

オートマ限定解除の試験は、教習所の中だけで行われて、路上はありません。技能だけで学科もないので、比較的楽とも感じるのではないでしょうか。

そして、教習所で限定解除の審査を受けます。合格することができれば、 「技能審査合格証明書」が発行されます。「技能審査合格証明書」を運転免許試験場などに提出すれば、解除をしてもらいます。

運転免許の裏に限定解除のスタンプを押してもらえるだけ

ただし、その時点では、運転免許の裏に、限定解除のスタンプを押してもらえるだけという手続きです。

みなさんは次にまた新しい運転免許証発行という時期を迎えることになりますが、そのときにオートマ限定という条件が消えることになります。

新着記事