Menu

クレーン車の免許取得

合宿免許でクレーン車の免許取得をしたいと!という方々もいらっしゃるのではないでしょうか。就職して、そのような免許取得が必要というケースもあるでしょうし、クレーン車の免許取得をすれば、就職活動にもかなり有利になるのではないでしょうか。

クレーン車とは

そもそもクレーン車とはなんなのでしょうか。

けん引自動車である大型自動車や、普通自動車、大型特殊自動車のどれかで他のクルマをけん引する際に、けん引するクルマの種類に応じて免許取得の他、けん引免許取得が必要です。

運転免許取得受験の資格は、普通免許取得者以上です。

ただし、総重量が750kg以下のクルマをけん引するケースでは、故障車をロープ、クレーンなどによってけん引する時にはけん引免許は敢えて必要ありません。

合宿免許では、 「移動式クレーン免許」や「小型移動式クレーン技能講習」、また「玉掛技能講習」「車両系建設機械技能講習」と言った特殊な運転免許取得もすることができます。

もちろん合宿免許だからこそ、スピーディーでリーズナブルな免許取得することができます。

様々にクレーン免許取得

移動式クレーン免許コースは、つり上げ荷重5t以上(無制限)の移動式クレーンの運転士免許を取得できるコースです。

教習所での実技教習を修了し、 安全衛生技術センターが行っている学科試験に合格すれば免許取得することができます。

小型移動式クレーン技能講習コースは、つり上げ荷重1t以上、5t未満の移動式クレーンを操作することができる資格取得です。学科・実技の講習・教習を受け、それぞれ試験に合格すれば免許取得することができます。

床上操作式クレーン技能講習コースは、 つり上げ荷重5t以上(無制限)の床上操作式クレーンの免許取得です。学科・実技の講習・教習を受ける必要があります。

また、玉掛技能講習コースは、 ワイヤーロープなどを使用して、荷をクレーンのフックに掛けたり、外したりする作業をする 玉掛の技能の資格取得をするコースです。

また、クレーン特別教育コースでは、移動式クレーンを除いた、つり上げ荷重5t未満のクレーンを操作できる資格取得です。

いかがでしょうか。クレーン車の資格取得ってどんなものなのか興味津々でいらっしゃる方々も多くいるのではないでしょうか。クレーン車とは、大きなモノを動力でつり上げして、それを水平に運ぶことができるマシーンなのです。クレーンによって大きなモノを運ぶことができるから、工事現場で建築材を運ぶだけでなく、組み立てのシーンなどでも多く使われています。

また、倉庫の荷積み、積み下ろし、移動……のシーンにも多々用いられます。現在では、クレーン車の免許取得も大人気です。非常にメリットの大きな免許取得ですね。

クレーンの免許を取ろう

新着記事