Menu

開店祝いの花輪

お店が開店する際によくみられるのが花輪です。大きな丸い花輪は遠くからでもよく目立ちます。これらは開店祝いに多く贈られるものです。なぜこんなに大きなものを贈るのか、それには意味があります。お店は集客は命です。一人でも多くの方にここにお店がオープンしたんだということを知らせる必要があります。花輪は遠くからでもよく見え、そして何か開店したという目印になるのです。ですから花輪を贈ることでお店の繁盛を願い、お祝いの気持ちを表現しているのです。お店の注目度を上げて集客につなげるお手伝いの意味もあります。そして、花輪の形には意味があります。花輪の周りには葉がありますが、これが矢を意味し、矢を的で射るイメージで作られているのです。花輪を的にとらえることで的に的中させる、それは成功するといった意味となり縁起物として昔からお店のオープン時には贈られるようになったのです。贈る方もお店の繁盛を後押しし、店主の喜び、そしてやる気を更に上げるものとして花輪は開店祝いとして最適なものと言えるのです。日本の文化の一つとして今後も活躍するものと言えます。花輪があるとそれを見た人もその町の発展を感じることも多いです。新しいお店のオープンを多くの人が喜ぶということにつながるのです。