ヘルメットの写真撮影のやり方

スポーツ自転車用のヘルメットです。
日本製のKABUTOというメーカーのizanagiという名のヘルメットです。

今回は周りから1灯少しずつ動かしながら撮影して商品の見え方を見てみましょう。
まずは左横からライトを入れます。

少し上に動かします。

ロゴに反射しました。
かなり造形的なヘルメットで曲線ではなくて角を使い構成しているので、明暗の差で面を表現できます。
1灯だけで見てみると製品の形が非常によくわかります。



徐々に後ろに動かしました。
今の一連の動きでどの面をどこから光をあてると面を出すことができるか把握しました。
実際に多灯ライティングでライティングしてみましょう。
写真二つ前のライト位置と手前からの2灯から作っていきます。

次は右から3灯目を入れます。

ヘルメットのヘッド部分のシルバーが明るくなりました。
次は右斜め後ろからライトを入れてみましょう。

天頂部分の空気穴の周辺の造形が浮き出ました。
ここまでで5個のライトを使いました。
次は後ろの文字部分の表現です。

少しまっすぐ当てすぎたようで文字が反射して見えずらくなってしまいました。
少し軸をずらして それとは別にkabutoのブランド名の上の黒くつ潰れている部分にもライトを当ててみましょう。

後部のAIRの文字も見えるようになり kabutoのロゴの上もハイライトが入ってメリハリがつきました。
切り抜いて色調整とコントラストの調整をして完成です。

いかがでしょうか。結局 7灯のライトを様々なところからあてて面の表現をしました。
そうすることによって部分部分の反射や明るさのコントロールを容易にします。
真横と正面も撮影しました。


使用機材はPHASEONE IQ380 Makro-Planar T* 4/120
撮影していて気がついたのですがよく見ると反射の加減によってコートしてある下に文様(麻の葉のデザインらしいです)がうっすら見えました。
次回はこれを見えるように撮影します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です