ダイヤモンドの撮影

婚約指輪の撮影です。リングを寝かせて正面やや上からの撮影です。ダイヤのきらめきを出すのは基本的に正面からライトを入れます。でもそうすると直接ライトを当てているためにプラチナの地金に丸い反射が出来てしまいます。それを避けるためにライティングをかえて何枚も撮影して、後で合成して完成させます。