Menu

普通自動車以外の免許取得も可能な合宿免許

合宿形式で取得できる免許種類

普通自動車免許や中型、大型のバイク免許を合宿形式で短期で取れるのが合宿免許の魅力です。入校から卒業に至るまで2週間程度という短期間で、普通自動車やバイク、大型車両に至るまで、様々な種類の免許の取得が可能です。一説では、自動車免許を保持している人は8割を超えているとも言われます。これから自動車免許の取得を考える方は、短期で自動車免許取得ができる合宿形式の教習所の利用を検討するのが良いでしょう。

合宿免許で取れる免許には、普通自動車以外にも、中型や大型のバイクから、2種などの商業利用に使えるものに至るまで、様々な種類が提供されています。近隣の教習所に通って免許を取得するにも、大抵の場合は二ヶ月程度の期間が掛かるのが普通です。合宿免許を利用すれば、最短で2週間程度の短い期間で自動車免許を取得できます。夏休みなどのまとまった期間を利用して免許取得を目指しましょう。

普通自動車やバイクの免許

合宿免許で取得する免許として代表的なものに、普通自動車免許が挙げられるでしょう。普通自動車免許の中にも、オートマ車限定のAT免許と、マニュアル車を運転できるMT免許の2種類が存在しています。AT免許の場合は、セダンなどの普通車で街中を走る方に向いています。MT免許の場合には、ジープや外車など走りを楽しむ方向けの免許と言えるでしょう。合宿で取得できるものには、普通自動車以外にも、中型や大型のバイクの免許もあります。400cc以下のバイクでツーリングを楽しむには中型免許で十分です。ハーレーなどの大型バイクに乗る場合には大型免許が必要になります。

バイク免許の取得の場合は、普通自動車免許よりも短い期間で免許を取得することが可能です。合宿所によって違いますが、平均して10日程度の短期間で免許の取得を行えます。普通自動車の免許を取得する際は、18歳以上であることと、視力が0.7以上であることが必要です。普通自動車免許には、オートマとマニュアルの違いにより、免許の取得までの日数に違いが生じますので、自分の予定や取得目的をふまえて予定を立てましょう。バイク免許の取得は、400CC以下の普通二輪なら16歳以上、400CC以上の大型二輪であれば18歳以上という年齢制限があります。

大型車両や商業利用に使える免許

合宿免許では、普通自動車やバイクの免許以外にも、大型車両や商業利用に用いることができる免許の取得も可能です。物流や運輸で用いる大型トラックから、土木建築で使う重機に至るまで、様々な車両の免許の取得が可能です。大型車両の免許を取得するためには、普通自動車免許を取得している21歳以上であることが必要です。普通免許を取得してから3年以上の運転経験が必要になります。

タクシーの運転手など商業利用ができる免許種類には、普通二種免許が挙げられます。大型車両の免許同様に、21歳以上で運転経験が3年以上の方を対象にしている免許となります。大型車両や二種免許の場合は、普通免許とは違い、仕事で活用する方も多いことでしょう。バスの運転手や大型トラックの運転手などの仕事に従事するには大型免許が必要です。忙しい方でも、合宿免許を利用していけば、短期間での合格は可能です。予算やスケジュールを検討しながら、適切な教習所を選びましょう。

合宿免許所と自動車学校の違い

運転免許を短期間で取得したいと考えているときは、一般的な自動車学校に通うのではなく、合宿を利用して効率よく教習を受ける必要があります。さまざまな合宿があるため、あらかじめ十分な情報を集めて比較することが大切です。安易に決めて通い始めてしまうと、他のところにすればよかった、自動車学校に通うべきだった、という後悔につながりやすくなります。合宿免許先の選び方について考えるときは、合宿免許所と自動車学校の違いを正しく理解しなければなりません。多くの人は、合宿免許所と自動車学校の違いは料金や期間の問題だろうと思っていますが、他にも違いがあるのです。まずは、合宿免許のメリットと合宿免許のデメリットを知ることが欠かせません。他の人がどう感じているかではなく、自分自身にとって合宿免許のメリットと合宿免許のデメリットのどちらが上回るのかを確認します。メリットが大きいと感じられた場合に合宿免許所を利用すると、スムーズに運転免許を取得できるようになるのです。他の人にとってのメリットが、自分にとってはデメリットになってしまうこともあります。合宿免許のメリットの1つは、教習を受けるための交通費が抑えられる点です。定期的に通うのではなく、一定期間を同じところで過ごすことになるため、交通費の負担は小さくなります。食費に関しては、食事がついているコースと食事がついていないコースから自分で選ぶことになるため、一概にはいえません。自分で調達できるのであれば、食事がついていないコースにして食費を抑えるとお得です。必ず食事が保証されるわけではないことに注意しなければなりません。合宿免許であれば、宿泊施設が用意されているのは当然のことだといえます。ただし、充実した宿泊施設になっているとは限らないため、あらかじめ確認しなければなりません。寝ることさえできれば十分だという人は、宿泊施設をあまり気にしなくてもよいですが、快眠できないと教習にも影響が出るため注意が必要です。免許取得までの流れに関しては、合宿免許でも通常の教習でも大きな違いはありません。所定の時間の学科教習と実技教習を受けることが法的に決まっているため、どちらの方法でも時間は変わらないのです。じっくりと行うのが自動車学校で、短期間で集中的に行うのが合宿免許所であるに過ぎません。総合的に見て、お得だと感じる方を選ぶのが効率よく運転免許を取得するコツです。

新着記事