Menu

開店祝いの花の贈り方

家族や親戚、友人や知人、取引先が開業する場合に、開店祝いとして一般的には花を贈ります。その贈り方のマナーがしっかりされていないと、せっかくの贈ったものが逆効果になる事があるので、贈り方には十分な配慮と注意が必要です。 まず一般的に花を贈るという意味ですが、一番はお祝いの気持ち、次にそのお店や施設が開店したということを周囲に示す、宣伝するなど認知度アップの効果に貢献するためです。というのも、頂いた花は開店当日からある程度の期間は施設やお店の外に飾ります。そうする事で近所の方や通りかかった方の目を引き、開店した事が伝わるのです。

では、贈る側としてはどのような事に気をつけたら良いでしょうか。まずは、花のタイプが数種類あります。その種類とは、大きく分けて、主に野外用として飾られる事が多い大きく目立つスタンドタイプと室内に飾るアレンジタイプやブーケタイプ、観葉植物などがあります。スタンドタイプは、取引先に送る場合に最も多く選ばれます。取引先に送る場合の相場は1万円から5万円でなるべく大きく豪華なものが良いでしょう。そうする事で返報性の原理が相手の心理として働くので、今後の関係性も良好になります。家族や親戚に送る場合には3万円から5万円のもの、親族には1万円から3万円のもので店内用が喜ばれます。また、友人や知人に関しては、5,000円から1万円程度が相場です。その関係性にもよりますが、親しい間柄であれば、ずっと飾れるようなブリザードフラワーや観葉植物が良いでしょう。 ではその贈る日ですが、開店当日までに相手に到着するようにしましょう。開店時間直前ですと開店準備で忙しい場合があるので、前日が好ましいです。しっかり開店日とその時間を把握した上で、花屋と打ち合わせをして確実に届くように手配する事が必須です。 花を贈る際に、立て札やメッセージカードをつけるのがマナーですが、相手へのお祝いの気持ちが一言で伝わるものが良いでしょう。文言は、花屋と打ち合わせをします。花屋はこれまで沢山のお客様が利用しているので、事例を持ってアドバイスをしてくれますのでおおよそ任せて間違いないでしょう。

知人や友人、家族や親戚になると、伝えたいオリジナルなメッセージがある場合も多いと思います。その場合は、詳細に花屋と打ち合わせをしてしっかり相手に気持ちが伝えられるようにしましょう。より気持ちが伝わるように、花言葉なども花屋からアドバイスをもらったり、デザインを考えることも大切です。